お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-14 13:00
進行振動対流の時空間的な同期現象に対する位相縮約によるアプローチ
河村洋史海洋研究開発機構CCS2019-24
抄録 (和) 水平方向に周期境界条件を課した2次元非圧縮性流体方程式における進行振動対流解の位相縮約法を定式化する.進行振動対流解は空間位相と時間位相という2つの位相を持つリミット・トーラス解によって記述される.空間位相と時間位相は対流の位置と振動をそれぞれ表す.本研究で定式化する手法は偏微分代数方程式におけるリミット・トーラス解の位相縮約法である.各点・各時刻に加えられた弱い摂動に対する進行振動対流の時空間的な位相応答を定量化する位相感受関数を導出する.弱く熱的に相互作用する一対の進行振動対流の間の時空間的な同期現象を位相縮約法により解析する. 
(英) We formulate a theory for the phase reduction of traveling and oscillating thermal convection in a two-dimensional incompressible Navier-Stokes system with laterally periodic boundary conditions. Traveling and oscillating thermal convection is described by a limit-torus solution that possesses two phase modes; one is a spatial phase and the other is a temporal phase. The spatial and temporal phases indicate the position and oscillation of the thermal convection, respectively. The theory formulated in this study can be considered as a phase reduction method for limit-torus solutions to partial differential algebraic equations that represent traveling and oscillating thermal convection. We derive the phase sensitivity functions for spatial and temporal phases; these functions quantify the spatiotemporal phase responses of thermal convection to weak perturbations applied at each point and at each time. Using the phase sensitivity functions, we analyze the spatiotemporal phase synchronization between weakly coupled systems of thermal convection.
キーワード (和) 同期現象 / 位相縮約 / リミット・トーラス / 熱対流 / 非圧縮性 / Navier-Stokes方程式 / /  
(英) Synchronization / Phase reduction / Limit-torus / Thermal convection / Incompressibility / Navier-Stokes / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 289, CCS2019-24, pp. 1-4, 2019年11月.
資料番号 CCS2019-24 
発行日 2019-11-07 (CCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CCS2019-24

研究会情報
研究会 CCS  
開催期間 2019-11-14 - 2019-11-15 
開催地(和) 神戸大学 
開催地(英) Kobe Univ. 
テーマ(和) 相互作用と情報伝達・情報処理,一般 
テーマ(英) Interaction and Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CCS 
会議コード 2019-11-CCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 進行振動対流の時空間的な同期現象に対する位相縮約によるアプローチ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phase reduction approach to spatiotemporal synchronization of traveling and oscillating convection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 同期現象 / Synchronization  
キーワード(2)(和/英) 位相縮約 / Phase reduction  
キーワード(3)(和/英) リミット・トーラス / Limit-torus  
キーワード(4)(和/英) 熱対流 / Thermal convection  
キーワード(5)(和/英) 非圧縮性 / Incompressibility  
キーワード(6)(和/英) Navier-Stokes方程式 / Navier-Stokes  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 洋史 / Yoji Kawamura / カワムラ ヨウジ
第1著者 所属(和/英) 海洋研究開発機構 (略称: 海洋研究開発機構)
Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (略称: JAMSTEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-14 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CCS 
資料番号 IEICE-CCS2019-24 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.289 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CCS-2019-11-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会