お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-14 15:05
逆正弦・逆余弦計算の高基数CORDICアルゴリズム
松岡裕志高木直史京大VLD2019-42 DC2019-66
抄録 (和) 逆正弦・逆余弦計算のための高基数 CORDIC アルゴリズムを提案する.CORDIC 法は三角関数等を求め るためのアルゴリズムであり,単純なハードウェアで実装できる.既存の逆正弦・逆余弦計算の CORDIC アルゴリ ズムは基数 2 であり,精度 p-bit 精度の計算には p 回の反復が必要であった.本稿で提案するアルゴリズムは高基数を 用いることで,より少ない反復で同じ精度の計算を実現する.入出力に倍精度浮動小数点を仮定し,基数 2^8 の場合, 10 回の反復で逆正弦を計算できる. 
(英) We propose high-radix CORDIC algorithm that calculate arc-sine and arc-cosine. CORDIC is used to calculating triangular function and so on, and can be implemented by simple hardware. Existing CORDIC algo- rithms for calculation arc-sine and arc-cosine is radix-2, so p times iterations is needed for p-bit accuracy. Proposed algorithm obtains same accuracy by fewer iteration because of high-radix. We assume input and output is double precision floating number and radix is 2^8, arc-sine can be calculated by 10 iterations.
キーワード (和) 逆正弦 / 逆余弦 / 高基数 / CORDIC / / / /  
(英) arc-sine / arc-cosine / High-Radix / CORDIC / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 282, VLD2019-42, pp. 109-113, 2019年11月.
資料番号 VLD2019-42 
発行日 2019-11-06 (VLD, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2019-42 DC2019-66

研究会情報
研究会 VLD DC CPSY RECONF ICD IE IPSJ-SLDM IPSJ-EMB 
開催期間 2019-11-13 - 2019-11-15 
開催地(和) 愛媛県男女共同参画センター 
開催地(英) Ehime Prefecture Gender Equality Center 
テーマ(和) デザインガイア2019 -VLSI設計の新しい大地- 
テーマ(英) Design Gaia 2019 -New Field of VLSI Design- 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2019-11-VLD-DC-CPSY-RECONF-ICD-IE-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 逆正弦・逆余弦計算の高基数CORDICアルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-Radix CORDIC algorithm for calculating arc-sine and arc-cosine 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 逆正弦 / arc-sine  
キーワード(2)(和/英) 逆余弦 / arc-cosine  
キーワード(3)(和/英) 高基数 / High-Radix  
キーワード(4)(和/英) CORDIC / CORDIC  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 裕志 / Hiroshi Matsuoka / マツオカ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto Univercity (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直史 / Naofumi Takagi / タカギ ナオフミ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto Univercity (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-14 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2019-42,IEICE-DC2019-66 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.282(VLD), no.283(DC) 
ページ範囲 pp.109-113 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-VLD-2019-11-06,IEICE-DC-2019-11-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会