電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-09 16:05
運動調節機能評価実験に基づく注意欠陥・多動性障害傾向を示す児童の客観検出
青木恭太宇都宮大)・福田宜男鹿沼西小)・原田浩司宇都宮大)・村山慎二郎筑波大ET2019-56
抄録 (和) 我々が開発した運動調節機能評価計測システムでは,15秒間の視覚刺激手指動作反応同期試験を行っている.この15秒間の手指動作と画面に提示された基準動作の差を連続的に評価することにより注意集中の程度を客観的に評価する可能性が明らかとなった.15秒間の計測データの評価方式と複数の評価結果例を示し,多動性傾向の程度を客観的に評価する方式を示す. 
(英) This report shows the possibility of objective evaluation of the degree of attention-deficit/hyperactivity disorder using the continuously measured hands’ poses in 15-second motor control function evaluation test. The authors developed an easy and safe method to measure the performance of motor control function. By this method, we investigated the features of motor control function evaluation test that represent the degree of attention-deficit/hyperactivity tendency. The evaluation method of attention-deficit/hyperactivity disorder using 15 seconds records of hands’ poses and the evaluation results are proposed.
キーワード (和) 運動調節機能 / 詳細計測 / 注意欠陥 / 多動性 / / / /  
(英) Motor control function / Precise measurement / Attention-deficit / Hyperactivity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 276, ET2019-56, pp. 49-54, 2019年11月.
資料番号 ET2019-56 
発行日 2019-11-02 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2019-56

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2019-11-09 - 2019-11-09 
開催地(和) 広島市立大学 
開催地(英) Hiroshima City University 
テーマ(和) VR-ARによる学習支援/一般 
テーマ(英) Learning Support Using VR-AR, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2019-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 運動調節機能評価実験に基づく注意欠陥・多動性障害傾向を示す児童の客観検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Objective Detection of Children with Attention-deficit/Hyperactivity Disorder Tendency based on Motor Control Function Evaluation Experiment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 運動調節機能 / Motor control function  
キーワード(2)(和/英) 詳細計測 / Precise measurement  
キーワード(3)(和/英) 注意欠陥 / Attention-deficit  
キーワード(4)(和/英) 多動性 / Hyperactivity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 恭太 / Kyota Aoki / アオキ キョウタ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 宜男 / Yoshio Fukuda / フクダ ヨシオ
第2著者 所属(和/英) 鹿沼市西小学校 (略称: 鹿沼西小)
Kanuma city Nishi elementary school (略称: Kanumanisi elementary school)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 浩司 / Kohji Harada / ハラダ コウジ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 慎二郎 / Shinjiro Murayama / ムラヤマ シンジロウ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-09 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2019-56 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.276 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2019-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会