電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-08 16:40
日本語要求記述からのクラス図生成支援ツール
岡崎龍ノ介大森隆行大西 淳立命館大KBSE2019-32 SC2019-29
抄録 (和) 本研究では,XML表現で書かれたクラス図情報をクラス図として表現するツール(以下UMLtool)を活用し,日本語要求記述からクラス図を半自動的に生成することを目的としている.本論文では,クラス図の作成に必要な要素を日本語要求記述から抽出する方法を提案し,UMLtoolのXML表現の形式に変換する方法を紹介する.本ツールでは,「クラス」と「属性」は普通名詞から「操作」はサ変接続名詞か動詞から,「相互関係」は特定の動詞から抽出を行う.本ツールで生成されたクラス図を人手で作成したクラス図を正解として適合率と再現率で評価を行った.評価基準より本ツールの有用性が示されたと考えられる. 
(英) The purpose of this research is to generate a class diagram semi-automatically from a Japanese requirements description by using a tool named UMLtool that expresses class diagram information written in XML as a class diagram. In this paper, we propose a method for creating class diagrams from Japanese requirements description, and a method for converting them into the XML representation format of UMLtool. “Class” and “attribute” are extracted from common nouns, “method” is extracted from a "sahen" noun or verb, and “Relationship between classes” is extracted from a specific verb. We evaluate our method for creating class diagram with the precision and recall. As a result of the evaluation, we think our method is useful.
キーワード (和) UML / クラス図生成 / 日本語要求記述 / / / / /  
(英) UML / generate of class diagram / Japanese requirements description / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 274, KBSE2019-32, pp. 53-58, 2019年11月.
資料番号 KBSE2019-32 
発行日 2019-11-01 (KBSE, SC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2019-32 SC2019-29

研究会情報
研究会 KBSE SC  
開催期間 2019-11-08 - 2019-11-09 
開催地(和) 信州大学 
開催地(英) Shinshu University 
テーマ(和) 「ソフトウェア/サービスとAI」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2019-11-KBSE-SC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本語要求記述からのクラス図生成支援ツール 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A tool for genarating class diagrams using Japanese requirements documents 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UML / UML  
キーワード(2)(和/英) クラス図生成 / generate of class diagram  
キーワード(3)(和/英) 日本語要求記述 / Japanese requirements description  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 龍ノ介 / Tatsunosuke Okazaki / オカザキ タツノスケ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan university (略称: Ritsumeikan univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大森 隆行 / Takayuki Omori / オオモリ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan university (略称: Ritsumeikan univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 淳 / Atsushi Ohnishi / オオニシ アツシ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan university (略称: Ritsumeikan univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-08 16:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2019-32,IEICE-SC2019-29 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.274(KBSE), no.275(SC) 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2019-11-01,IEICE-SC-2019-11-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会