電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-06 11:00
[ポスター講演]電波雑音の測定と小型電波環境モニタリング装置の開発
清水 聡臼井 誠阿野 進栗原拓哉矢野一人鈴木義規ATRWBS2019-25 ITS2019-16 RCC2019-56
抄録 (和) 近年、機器の動作周波数が上がり、また軽量化のために筐体を樹脂で作ることも増えている。そのため、意図せずに発せられるEMI(Electromagnetic Interference)が通信に影響を与えかねない。また、IoT機器の爆発的な普及も、電波環境に多くの影響を与えている。我々は、電波環境に対応した最適通信方式選択技術の研究開発を進めている。その研究の過程で我々は、IoT機器が多く使われるアンライセンスバンドを中心に無線通信に影響を与えかねない雑音や干渉の測定を実施してきた。その結果を報告する。さらに、その測定を容易にするため、手のひらサイズの電波モニタリング装置「Radio Catcher」を開発している。分析できる周波数の範囲は400 MHz ~ 6 GHzで、うち100MHz帯域の分析が可能で、周波数スペクトルやスペクトログラムの表示やIQ信号の記録などの機能を有する。さらにスペクトログラムをWiFiのチャネル毎に統計的に処理することで、本研究で必要となるチャネル占有率も出力できる。ベースバンドの処理を行うFPGAに新たな処理を加えることで、今後、様々な機能を追加していく予定である。本発表では「Radio Catcher」のデモンストレーションを行う。 
(英) In recent years, the operating frequency of devices has increased, and the housing is made of resin for weight reduction. As a result, EMI(Electromagnetic Interference) may affect communications. In addition, the explosive spread of IoT devices has a great influence on the radio environment. We have engaged in the research and development (R&D) of technology to select the optimal wireless communication system and transmission parameters taking account for radio environment. In the course of that research, we have measured noise and interference that may affect wireless communications, especially in unlicensed bands where IoT devices are often used. This paper reports the results. In order to measure the radio environment easily, we have developed a small-sized radio wave monitoring node “Radio Catcher”. This monitoring node can carry out monitoring of spectrum and spectrogram at the same time with a bandwidth of 100 MHz at a frequency from 400 MHz to 6 GHz. It also can record IQ signals. In addition, by processing the spectrogram statistically for each WiFi channel, the channel occupancy required for this study can be calculated. By replacing the baseband processing FPGA with a new circuit, we plan to add various functions in the future. In this presentation, we give a demonstration of this monitoring node.
キーワード (和) アンライセンスバンド / モニタリングノード / 周波数スペクトル / スペクトログラム / / / /  
(英) Unlicensed Band / Monitoring Node / Frequency Spectrum / Spectrogram / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 270, RCC2019-56, pp. 17-17, 2019年11月.
資料番号 RCC2019-56 
発行日 2019-10-30 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2019-25 ITS2019-16 RCC2019-56

研究会情報
研究会 RCC ITS WBS  
開催期間 2019-11-06 - 2019-11-06 
開催地(和) 奈良先端科学技術大学院大学 
開催地(英) Nara Institute of Science and Technology 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Radar and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCC 
会議コード 2019-11-RCC-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電波雑音の測定と小型電波環境モニタリング装置の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of environmental radio noise and development of small-sized radio wave monitoring node 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アンライセンスバンド / Unlicensed Band  
キーワード(2)(和/英) モニタリングノード / Monitoring Node  
キーワード(3)(和/英) 周波数スペクトル / Frequency Spectrum  
キーワード(4)(和/英) スペクトログラム / Spectrogram  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 聡 / Satoru Shimizu / シミズ サトル
第1著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 臼井 誠 / Makoto Usui / ウスイ マコト
第2著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 進 / Susumu Ano / アノ ススム
第3著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 拓哉 / Takuya Kurihara / クリハラ タクヤ
第4著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano / ヤノ カズト
第5著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 義規 / Yoshinori Suzuki / スズキ ヨシノリ
第6著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-06 11:00:00 
発表時間 75 
申込先研究会 RCC 
資料番号 IEICE-WBS2019-25,IEICE-ITS2019-16,IEICE-RCC2019-56 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.268(WBS), no.269(ITS), no.270(RCC) 
ページ範囲 p.17 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-WBS-2019-10-30,IEICE-ITS-2019-10-30,IEICE-RCC-2019-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会