電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-06 16:35
二眼カメラと可視光通信用LED送信機を用いた距離推定手法
木下雅之鎌倉浩嗣千葉工大)・山里敬也岡田 啓藤井俊彰名大)・荒井伸太郎岡山理科大)・圓道知博長岡技科大WBS2019-37 ITS2019-28 RCC2019-68
抄録 (和) 本稿では,イメージセンサを受信機に用いる可視光通信(イメージセンサ可視光通信)の高度道路交通システム(ITS)への応用について検討する.
従来のイメージセンサ可視光通信では,単眼カメラを受信機に用いられてきたが,本研究では,二眼カメラを受信機に利用することを提案する.
二眼カメラの最大の特徴は,距離推定が可能な点にある.そのため,可視光通信の受信機に利用することで,通信と距離推定を1つのデバイスで同時に行うことが可能となる.
本稿では,可視光通信用LED送信機をアンカーに用いた距離推定の高精度化について検討を行う.
LED送信機は,撮影画像上において高輝度(画素値が大きい)であり,かつ,情報伝送のために高速点滅をするという明確な特徴を持っている.
本稿では,これらの特徴を用いたLED送信機検出手法を利用し,高精度に視差(ステレオ画像における対応点間の距離)を推定する手法を提案する.
さらに,サブピクセル推定として等角直線フィッティングを導入することでより詳細な視差を得る.
最後に,実験を行い,提案手法が60m±0.1mの精度で距離推定可能であることを示す. 
(英) This paper focuses on an image sensor receiver for visible light communication (VLC) in an intelligent transport systems (ITSs).
In conventional image sensor based VLC (IS-VLC), single camera has been used as a receiver.
On the other hand, in this paper, we propose to use stereo camera receiver.
The remarkable features of stereo camera is the range estimation ability.
Therefore, by using stereo camera as VLC receiver, front-facing ranging and wireless communication can be achieved in one device.
In this paper, we focus on range estimation and improve ranging accuracy using LED transmitters for VLC as an anchor.
LED transmitters have specific features, high-luminance and high-speed blinking.
This paper proposes stereo ranging by applying LED transmitter detection (utilizing these features) to disparity estimation.
Additionally, we introduce subpixel estimation using equiangular line fitting to obtain more accurate disparity.
Finally, we experimentally demonstrate that the proposed stereo ranging achieves an accuracy of 60m±0.1m
キーワード (和) 可視光通信 / イメージセンサ可視光通信 / 高度道路交通システム / 二眼カメラ / 距離推定 / / /  
(英) Visible light communication (VLC) / Image sensor based visible light communication (IS-VLC) / Intelligent transport system (ITS) / Stereo camera / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 268, WBS2019-37, pp. 71-76, 2019年11月.
資料番号 WBS2019-37 
発行日 2019-10-30 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2019-37 ITS2019-28 RCC2019-68

研究会情報
研究会 RCC ITS WBS  
開催期間 2019-11-06 - 2019-11-06 
開催地(和) 奈良先端科学技術大学院大学 
開催地(英) Nara Institute of Science and Technology 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Radar and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2019-11-RCC-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二眼カメラと可視光通信用LED送信機を用いた距離推定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Range Estimation Method Using Stereo Camera and LED Transmitter for Visible Light Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible light communication (VLC)  
キーワード(2)(和/英) イメージセンサ可視光通信 / Image sensor based visible light communication (IS-VLC)  
キーワード(3)(和/英) 高度道路交通システム / Intelligent transport system (ITS)  
キーワード(4)(和/英) 二眼カメラ / Stereo camera  
キーワード(5)(和/英) 距離推定 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 雅之 / Masayuki Kinoshita / キノシタ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 浩嗣 / Koji Kamakura / カマクラ コウジ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山里 敬也 / Takaya Yamazato / ヤマザト タカヤ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / オカダ ヒラク
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 俊彰 / Toshiaki Fujii / フジイ トシアキ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 伸太郎 / Shitaro Arai / アライ シンタロウ
第6著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Sci.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 圓道 知博 / Tomohiro Yendo / エンドウ トモヒロ
第7著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-06 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2019-37,IEICE-ITS2019-28,IEICE-RCC2019-68 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.268(WBS), no.269(ITS), no.270(RCC) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2019-10-30,IEICE-ITS-2019-10-30,IEICE-RCC-2019-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会