電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-06 11:00
[ポスター講演]イメージセンサ通信のための多数決判定を導入した最尤推定の分割型復調法に関する一検討
唐 正強荒井伸太郎岡山理科大WBS2019-28 ITS2019-19 RCC2019-59
抄録 (和) 受信機にイメージセンサを用いた可視光通信(イメージセンサ通信)では,送受信機間の距離等が原因で撮影画像のピクセル数の減少やピントのズレなどが起こり,復調が困難になる問題がある.本研究では,この問題を解決するための新たな復調方法を提案する.まず,受信画像上のLED送信機部分を2つに分け,先行研究で提案された擬似撮影画像を用いた最尤推定によって逐次的に復調する.その際,分割して判定したデータの復調精度を高めるために,最尤推定時に計算される複数のユークリッド距離結果を用いた多数決判定による復調結果の信頼性判断も行う.本研究で行ったシミュレーション条件下において,提案手法は先行研究の手法の計算量を9割削減しつつ,先行研究の手法とほぼ同じ復調性能を持つことを確認した. 
(英) Visible light communication (VLC) using an image sensor as a receiver, referred to as an image sensor communication (ISC), suffers from an inability to correctly recover data if an image captured by the receiver is degraded due to defocusing. This study proposes a novel demodulation method to overcome this problem. The proposed method first divides the LED transmitter area on the received image into two parts and sequentially demodulates the data using our previously proposed maximum likelihood decoding (MLD) method that uses pseudo-captured images. Also, the receiver performs a majority decision using results of the Euclidean distances that are calculated for the MLD method and increases the reliability of demodulation. Under simulation conditions in this study, the proposed method achieves about 90% computational complexity reduction as compared with the previous MLD method while having almost equivalent communication performance as the previous one.
キーワード (和) LED / 可視光通信 / イメージセンサ通信 / 最尤推定 / 擬似撮影画像 / 分割型復調 / 多数決判定 /  
(英) LED / visible light communication (VLC) / image sensor communication (ISC) / maximum likelihood decoding (MLD) / pseudo-captured images / divisional demodulation / majority decision /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 268, WBS2019-28, pp. 27-30, 2019年11月.
資料番号 WBS2019-28 
発行日 2019-10-30 (WBS, ITS, RCC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2019-28 ITS2019-19 RCC2019-59

研究会情報
研究会 RCC ITS WBS  
開催期間 2019-11-06 - 2019-11-06 
開催地(和) 奈良先端科学技術大学院大学 
開催地(英) Nara Institute of Science and Technology 
テーマ(和) ITS通信,高信頼制御通信,レーダ・センシング技術及び一般 (ポスターセッションあり) 
テーマ(英) ITS Communications, Reliable Communication and Control, Radar and Sensing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2019-11-RCC-ITS-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イメージセンサ通信のための多数決判定を導入した最尤推定の分割型復調法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Majority-Decision-based Divisional Maximum Likelihood Decoding for Image Sensor Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LED / LED  
キーワード(2)(和/英) 可視光通信 / visible light communication (VLC)  
キーワード(3)(和/英) イメージセンサ通信 / image sensor communication (ISC)  
キーワード(4)(和/英) 最尤推定 / maximum likelihood decoding (MLD)  
キーワード(5)(和/英) 擬似撮影画像 / pseudo-captured images  
キーワード(6)(和/英) 分割型復調 / divisional demodulation  
キーワード(7)(和/英) 多数決判定 / majority decision  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐 正強 / Zhengqiang Tang / トウ セイギョウ
第1著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Sci.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 伸太郎 / Shintaro Arai / アライ シンタロウ
第2著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-06 11:00:00 
発表時間 75 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2019-28,IEICE-ITS2019-19,IEICE-RCC2019-59 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.268(WBS), no.269(ITS), no.270(RCC) 
ページ範囲 pp.27-30 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-WBS-2019-10-30,IEICE-ITS-2019-10-30,IEICE-RCC-2019-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会