電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-05 10:50
[ポスター講演]Received-Power-Aware Frameless ALOHA for Non-Orthogonal Multiple Access
Masaru OinagaShun OgataKoji IshibashiUECSR2019-84
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) In a system such as mMTC (massive Machine Type Communication), the network is typically uplink-dominant, where the number of active users is uncertain, and the transmission is sporadic.
Random access protocols are suitable for such applications, for both the initialization and the transmission phase of the system.
Among them, frameless ALOHA is a variant of coded ALOHA where the length of contention period is not defined a priori.
In this paper, we propose a frameless ALOHA with adjustable transmission probability of every user based on the received power at the base station (BS).
Based on numerical analysis, the proposed received-power-aware design of the transmission probability shows improvements in the packet delivery rate and throughput performance.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Frameless ALOHA / Capture Effects / Successive interference cancellation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 262, SR2019-84, pp. 51-51, 2019年11月.
資料番号 SR2019-84 
発行日 2019-10-28 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2019-84

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2019-11-04 - 2019-11-06 
開催地(和) Rutgers University, NJ, USA 
開催地(英) Rutgers University Inn & Conference Center, NJ, USA 
テーマ(和) SmartCom2019 
テーマ(英) SmartCom2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-11-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Received-Power-Aware Frameless ALOHA for Non-Orthogonal Multiple Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Frameless ALOHA  
キーワード(2)(和/英) / Capture Effects  
キーワード(3)(和/英) / Successive interference cancellation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 追永 大 / Masaru Oinaga / オイナガ マサル
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾形 駿 / Shun Ogata / オガタ シュン
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 功至 / Koji Ishibashi / イシバシ コウジ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-05 10:50:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2019-84 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.262 
ページ範囲 p.51 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-SR-2019-10-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会