お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-11-02 10:50
ブロックチェーン技術を用いたDNSキャッシュポイズニング対策の検討
高橋幸宏布田裕一東京工科大)・岡﨑裕之鈴木彦文信州大ISEC2019-78 SITE2019-72 LOIS2019-37
抄録 (和) 近年, インターネット上には多種多様なアプリケーションやコンテンツが公開されるようになり, それらのサービスが公開されているサーバとクライアントを繋ぐネットワークシステムの重要性が高まっている.
その中でもDNS(Domain Name System)はドメイン名とIPアドレスとを相互に変換する役割を担い,
今日のインターネット通信において必要不可欠である.
しかし, DNSではその仕組みを悪用した多種多様な攻撃事例が報告されている.
そこで本研究ではDNSキャッシュポイズニングに焦点を当て, その対策にブロックチェーン技術を適用する手法を提案する.
更に, 提案手法が適用可能なモデルケースやネットワーク構成に関しても議論しながら, 本提案手法の有用性に関して検討する. 
(英) Recently we enjoy the benefits of the Internet.
Internet is working by various network services.
The Domain Name System (DNS) is one of an essential network service that provides translation between domain names and IP addresses mutually.
It is known that the DNS is exposed under many threats.
In this paper, we focus the DNS cache poisoning attack and we propose a protection mechanism against the DNS cache poisoning attack using the Block-chain technology.
In addition we discuss about network configuration and use case in which our proposed system is effective.
キーワード (和) DNS / DNSキャッシュポイズニング / ブロックチェーン / / / / /  
(英) DNS / DNS cache poisoning / Block-chain / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 257, ISEC2019-78, pp. 107-112, 2019年11月.
資料番号 ISEC2019-78 
発行日 2019-10-25 (ISEC, SITE, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2019-78 SITE2019-72 LOIS2019-37

研究会情報
研究会 ISEC SITE LOIS  
開催期間 2019-11-01 - 2019-11-02 
開催地(和) 大阪大学 吹田キャンパス 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2019-11-ISEC-SITE-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブロックチェーン技術を用いたDNSキャッシュポイズニング対策の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection System of DNS Cache Poisoning Using Blockchain Technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DNS / DNS  
キーワード(2)(和/英) DNSキャッシュポイズニング / DNS cache poisoning  
キーワード(3)(和/英) ブロックチェーン / Block-chain  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 幸宏 / Tomohiro Takahashi / タカハシ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 布田 裕一 / Yuichi Futa / フタ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡﨑 裕之 / Hiroyuki Okazaki / オカザキ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: SU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 彦文 / Hikofumi Suzuki / スズキ ヒコフミ
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshuu University (略称: SU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-11-02 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2019-78,IEICE-SITE2019-72,IEICE-LOIS2019-37 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.257(ISEC), no.258(SITE), no.259(LOIS) 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2019-10-25,IEICE-SITE-2019-10-25,IEICE-LOIS-2019-10-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会