電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-31 10:20
[ショートペーパー]Introduction of KOSMS for Real-time Ocean Surveillance and Monitoring
Chan-Su YangSeungryong KimKIOSTSANE2019-49
抄録 (和) Recently, needs for surveillance and monitoring of maritime space have grown due to increased interest in the oceans and its value. This paper introduces the KIOST Ocean Surveillance & Monitoring System (KOSMS) designed to meet these requirements. KOSMS consists largely of three subsystems divided into satellite oceanography, ocean surveillance and marine safety support parts. It provides services to users to utilize useful information through linked detailed systems. The satellite oceanographic system provides information on the Arctic region and sea surface temperature data based on satellites and buoys. The ocean surveillance system supports to detect illegal ships, predict offshore spill oil, and visualization of the satellite data. In the system of marine safety support, the Smart Escape Guiding Agent (SEGA) provides interfaces for users to utilize and operate the system from the outside. This system will be able to provide effective, rapid and reliable information for a wide range, as well as national coasts in the future. 
(英) Recently, needs for surveillance and monitoring of maritime space have grown due to increased interest in the oceans and its value. This paper introduces the KIOST Ocean Surveillance & Monitoring System (KOSMS) designed to meet these requirements. KOSMS consists largely of three subsystems divided into satellite oceanography, ocean surveillance and marine safety support parts. It provides services to users to utilize useful information through linked detailed systems. The satellite oceanographic system provides information on the Arctic region and sea surface temperature data based on satellites and buoys. The ocean surveillance system supports to detect illegal ships, predict offshore spill oil, and visualization of the satellite data. In the system of marine safety support, the Smart Escape Guiding Agent (SEGA) provides interfaces for users to utilize and operate the system from the outside. This system will be able to provide effective, rapid and reliable information for a wide range, as well as national coasts in the future.
キーワード (和) KOSMS / Ocean Surveillance / Monitoring / Satellite Oceanography / Marine Safety Support / SEGA / /  
(英) KOSMS / Ocean Surveillance / Monitoring / Satellite Oceanography / Marine Safety Support / SEGA / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 255, SANE2019-49, pp. 15-18, 2019年10月.
資料番号 SANE2019-49 
発行日 2019-10-24 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2019-49

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2019-10-31 - 2019-11-01 
開催地(和) 韓国(済州島) 
開催地(英) KOREA (Jeju) 
テーマ(和) ICSANE2019 
テーマ(英) ICSANE2019 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2019-10-SANE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Introduction of KOSMS for Real-time Ocean Surveillance and Monitoring 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) KOSMS / KOSMS  
キーワード(2)(和/英) Ocean Surveillance / Ocean Surveillance  
キーワード(3)(和/英) Monitoring / Monitoring  
キーワード(4)(和/英) Satellite Oceanography / Satellite Oceanography  
キーワード(5)(和/英) Marine Safety Support / Marine Safety Support  
キーワード(6)(和/英) SEGA / SEGA  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Chan-Su Yang / Chan-Su Yang /
第1著者 所属(和/英) Korea Institute of Ocean Science & Technology (略称: KIOST)
Korea Institute of Ocean Science & Technology (略称: KIOST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Seungryong Kim / Seungryong Kim /
第2著者 所属(和/英) Korea Institute of Ocean Science & Technology (略称: KIOST)
Korea Institute of Ocean Science & Technology (略称: KIOST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-31 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2019-49 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.255 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2019-10-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会