お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-31 10:45
歩きスマートフォン操作が及ぼすVORパフォーマンスへの影響
寺本智貴中部大)・山本雅也愛知工科大)・平田 豊中部大HIP2019-57
抄録 (和) 街中や駅構内で頻繁に見かける「歩きスマホ」は,周囲への注意欠損による重大な事故につながる行為として社会問題となっている.歩きスマホ動作時には,歩行に伴う頭部動揺と注視対象であるスマホが同期して同方向に生じることにより,他にも重大な問題を引き起こす可能性がある.すなわち,頭部動揺時に我々の視野を安定化させる反射性眼球運動である前庭動眼反射(VOR)が適切に機能しなくなる問題である.VORの性能は,眼球速度/頭部速度で定義されるVORゲインにより示されるが,頭部動揺と視覚情報が同期して同方向に生じる状態が続くと,これが減少する.VORは運動中の視知覚に直結することから,歩きスマホによりゲインが変化すると,アスリートのパフォーマンス低下や,それ以外の人においても歩行時のつまずき・転倒につながる可能性もある.そこで本研究では,歩きスマホがVOR性能に与える影響を評価した.その結果,歩きスマホによりVORゲインの上昇が高周波数帯域(4.0 Hz以上)で見出され,かつ,周波数が高くなるほど頭部動揺に対する眼球運動の位相が進む傾向が明らかとなった.これらの結果から,歩きスマホは,種々のスポーツや日常動作にも含まれる周波数帯域におけるVOR性能を変調させ,頭部動揺時に安定した視野を得にくくする行為であることが示唆される. 
(英) “Text walking” often seen in town has been recognized as a social problem that may cause serious accidents due to a lack of attention to the surroundings. During “text walking”, user’s head moves together with the smartphone, which potentially causes another problem, namely maladaptation of the vestibulo-ocular reflex (VOR). The function of the VOR is to stabilize the field of view as our head moves. Its performance is characterized by VOR gain defined as eye velocity / head velocity. If head motion and motion of a visual pattern like one on a smartphone continue to occur in the same direction, VOR gain decreases, while VOR gain increases if they move in the opposite direction. The performance of the VOR has a significant impact on our visual perception while performing sports, and any other activities accompanying head motion. In this study, we evaluated effects of text walking on VOR performance by conducting a text walking experiment on a treadmill in combination with virtual reality visual motion. As a result, an increase in VOR gain is found in the high frequency band (above 4.0 Hz) after text walking for 10 min. In addition, at higher frequencies, the phase of the eye movement relative to the head movement tended to advance. These results indicate that text walking causes changes in VOR performance in the frequency band contained in various sports and daily activities. Thus, text walking may result in poorer performance of athletes and others requiring precise visual perception and visuo-motor transformation during their activities.
キーワード (和) 歩きスマホ / 前庭動眼反射 / 眼球運動 / 視野安定化 / 動体視力 / スポーツビジョン / /  
(英) Text walking / Vestibulo-ocular reflex / Eye movement / Visual field stabilization / Dynamic visual acuity / Sports vision / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 254, HIP2019-57, pp. 47-52, 2019年10月.
資料番号 HIP2019-57 
発行日 2019-10-23 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2019-57

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2019-10-30 - 2019-10-31 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 眼球運動(調節,瞳孔を含む),空間知覚(奥行き知覚・運動知覚等),およびヒューマン情報処理一般 
テーマ(英) Eye Movement (including Accommodation and Pupil), Spatial Perception (Depth Perception, Motion Perception, etc.), etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2019-10-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歩きスマートフォン操作が及ぼすVORパフォーマンスへの影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The effect of text walking to VOR performance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩きスマホ / Text walking  
キーワード(2)(和/英) 前庭動眼反射 / Vestibulo-ocular reflex  
キーワード(3)(和/英) 眼球運動 / Eye movement  
キーワード(4)(和/英) 視野安定化 / Visual field stabilization  
キーワード(5)(和/英) 動体視力 / Dynamic visual acuity  
キーワード(6)(和/英) スポーツビジョン / Sports vision  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺本 智貴 / Tomoki Teramoto / テラモト トモキ
第1著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 雅也 / Masaya Yamamoto / ヤマモト マサヤ
第2著者 所属(和/英) 愛知工科大学 (略称: 愛知工科大)
Aichi University of Techology (略称: AUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 豊 / Yutaka Hirata / ヒラタ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-31 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2019-57 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.254 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2019-10-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会