電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-29 11:00
[招待講演]スピーカアレーのいろいろ
羽田陽一電通大EA2019-46
抄録 (和) 高臨場感音場再現や音の指向性再生を実現する方法のひとつに,複数のスピーカを利用したスピーカアレー技術がある。スピーカアレーは一般に,個々のスピーカの前段にフィルタを有し,目標とする音場や指向性が実現されるようにフィルタを設計する。フィルタ係数の算出方法としては,複数の制御点において目的とする音圧と再現音圧との2乗誤差和を最小とするようにして計算するpressure matching法と,空間フーリエ変換を利用して信号や伝達関数を波数領域に変換し,各モードでの係数を一致させるmode matching法が知られている。後者の方法は,空間フーリエ変換が行いやすい直線,円形,球面アレーといったアレー形状に制限はあるが,空間フーリエ変換の基底が波動方程式から導かれるため,物理的性質と親和性の高い手法であり,解析解としてフィルタ係数を求めることができる。本講演では,直線,円形,球面の各種アレーについてどんなことができるかといった話を交えながら紹介を行う。 
(英) The loudspeaker array technology is one of the promising approaches for immersive audio system and directivity control of sound. The loudspeaker array generally has multiple loudspeakers with individual filters to achieve the target sound field or directivity. There are varies of algorithms one can take to design the filter. One is a pressure matching method in which the sum of square errors between the target sound pressures and the reproduced sound pressures is minimized. Another one is a mode matching method in which signals and transfer functions are transformed into the wavenumber domain using spatial Fourier transform. The filter coefficients in wavenumber domain are obtained for each mode. The mode matching method requires a specific array shape such as a linear, a circular, and a spherical array, which is easy to perform a spatial Fourier transform. On the other hand, since the bases of the spatial Fourier transform are derived from the wave equation, the filter coefficient can be obtained as an analytical solution. In this invited talk, various topics of the loudspeaker array, especially concerning with the linear, circular, and spherical arrays will be discussed.
キーワード (和) スピーカアレー / 空間フーリエ変換 / 波数領域 / / / / /  
(英) Loudspeaker array / spatial Fourier transform / wavenumber domain / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 253, EA2019-46, pp. 67-67, 2019年10月.
資料番号 EA2019-46 
発行日 2019-10-21 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2019-46

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2019-10-28 - 2019-10-29 
開催地(和) NHK放送技術研究所 
開催地(英) NHK Science&Technology Research Lab. 
テーマ(和) 応用/電気音響, 聴覚, 高臨場感オーディオ, 空間音響, 一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, High-Reality Audio, Spatial Audio, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2019-10-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スピーカアレーのいろいろ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Various topics of loudspeaker arrays 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スピーカアレー / Loudspeaker array  
キーワード(2)(和/英) 空間フーリエ変換 / spatial Fourier transform  
キーワード(3)(和/英) 波数領域 / wavenumber domain  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽田 陽一 / Yoichi Haneda / ハネダ ヨウイチ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The university of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-29 11:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2019-46 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.253 
ページ範囲 p.67 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-EA-2019-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会