電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-28 14:50
2チャンネルマイクを用いた音源方向推定におけるマイク位置に関する検討
竹内浩明吉田孝博半谷精一郎東京理科大
抄録 (和) 人は周囲からの情報の多くを視覚から得ているが,死角となる背後からの危険に対する認知を聴覚で補っているため,聴覚障害者やイヤホンを装着している健常者は背後からの危険を認知することが困難である.そこで本研究では音響信号処理と機械学習により主に背後からの危険の有無を検知し利用者に知らせることができるデバイスの開発を目的としている.
本報告では,眼鏡の各部にピンマイクを取り付けた眼鏡型デバイスを作成し,適切なマイク位置を考察した.その結果,眼鏡のテンプルの前方に取り付けられた2チャンネルマイクを用いて15度刻みの音源方向推定を行なった場合に96.5%の推定精度を実現し,バイノーラルマイクを装着した場合と比較して6.0%改善することができた. 
(英) Persons recognize conditions of their frontal surroundings of their eyes. In contrast, they recognize their behind condition by hearing, because their behind are blind spot in their vision. Therefore, it is difficult for hearing-impaired persons or persons who use a headphone to recognize their behind conditions and some danger from behind due to lack of the auditory information.
In this study, we aim to develop a system which can detect some danger from its behind and can inform the danger to a user by an acoustic signal processing with machine learning technology. In this paper, we showed the results of considerations of appropriate microphone position for estimation of sound source direction using two channel microphones installed on an eyeglass.
As a result, the accuracy of estimated sound source direction every 15 degrees is the highest, i.e. 96.5% when two-channel microphones are installed on the front of the temple part of the eyeglass. It is a 6.0 point improvement compared to the accuracy when two-channel binaural microphones are attached on ear canals.
キーワード (和) 音源方向推定 / 2チャンネルマイク / マイク位置 / ニューラルネットワーク / / / /  
(英) Estimation of sound source direction / Neural Network / 2ch Microphone / Microphone Position / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 253, EA2019-42, pp. 37-42, 2019年10月.
資料番号 EA2019-42 
発行日 2019-10-21 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA ASJ-H  
開催期間 2019-10-28 - 2019-10-29 
開催地(和) NHK放送技術研究所 
開催地(英) NHK Science&Technology Research Lab. 
テーマ(和) 応用/電気音響, 聴覚, 高臨場感オーディオ, 空間音響, 一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, High-Reality Audio, Spatial Audio, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2019-10-EA-H 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2チャンネルマイクを用いた音源方向推定におけるマイク位置に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Considerations of microphone position for estimation of sound source direction using two-channel microphone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音源方向推定 / Estimation of sound source direction  
キーワード(2)(和/英) 2チャンネルマイク / Neural Network  
キーワード(3)(和/英) マイク位置 / 2ch Microphone  
キーワード(4)(和/英) ニューラルネットワーク / Microphone Position  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 浩明 / Hiroaki Takeuchi / タケウチ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 孝博 / Takahiro Yoshida / ヨシダ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 半谷 精一郎 / Seiichiro Hangai / ハンガイ セイイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-28 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2019-42 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.253 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2019-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会