お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-27 10:50
神経難病患者の口形認識に関する研究
中村祐哉齊藤剛史九工大)・伊藤和幸国立障害者リハビリテーションセンターSP2019-33 WIT2019-32
抄録 (和) 神経難病患者は音声や筆談,PCなどを利用できない場合,コミュニケーションの代替法として口文字コミュニケーションを用いることがある.口文字コミュニケーションは発話者だけでなく支援者が必要になるが,支援者のスキルにより口形の読み取りが困難になる場合がある.発話者の口形を自動的に認識するコミュニケーション支援機器が期待されている.本研究ではこの支援機器の開発を目的として,日本語5母音の口形認識に取り組む.従来研究で用いられている幾何学特徴量に加え,オプティカルフローに基づく動き特徴量を導入する.実際に神経難病患者の発話シーンを収集し,提案手法を適用して,その認識精度を検証する. 
(英) Patients with intractable neuropathy may use a mouth-shape character-based communication as an alternative to communication when speech, writing, and PC are not available. Mouth-shape character-based communication requires not only a speaker but also a supporter, however it may be difficult to read the mouth shape due to the skill of the supporter. Communication support system that automatically recognize the mouth shape of a speaker is expected. In this study, our aim is to develop the whole support system, and this paper works on mouth shape recognition of five Japanese vowels. We introduce motion-based features by optical flow in addition to the geometric features used in previous studies. We collect speech scenes of patients with intractable neurological diseases and apply the proposed method to verify their recognition accuracy.
キーワード (和) 口形認識 / 神経難病患者 / オプティカルフロー / / / / /  
(英) Mouth shape recognition / patient with intractable neurological diseases / optical flow / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 251, WIT2019-32, pp. 93-98, 2019年10月.
資料番号 WIT2019-32 
発行日 2019-10-19 (SP, WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2019-33 WIT2019-32

研究会情報
研究会 WIT SP  
開催期間 2019-10-26 - 2019-10-27 
開催地(和) 第一工業大学 4号館1階大会議室 
開催地(英) Daiichi Institute of Technology 
テーマ(和) 音声と福祉情報工学,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2019-10-WIT-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 神経難病患者の口形認識に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mouth shape recognition for patient with intractable neurological diseases 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 口形認識 / Mouth shape recognition  
キーワード(2)(和/英) 神経難病患者 / patient with intractable neurological diseases  
キーワード(3)(和/英) オプティカルフロー / optical flow  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 祐哉 / Yuya Nakamura / ナカムラ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 剛史 / Takeshi Saitoh / サイトウ タケシ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 和幸 / Kazuyuki Itoh / イトウ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 国立障害者リハビリテーションセンター研究所 (略称: 国立障害者リハビリテーションセンター)
National Rehabilitation Center for Persons with Disabilities (略称: NRCPD)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-27 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-SP2019-33,IEICE-WIT2019-32 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.250(SP), no.251(WIT) 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2019-10-19,IEICE-WIT-2019-10-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会