お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-25 09:05
伝送線路理論を用いたレドームの伝送特性計算における2次元アレーアンテナの寸法依存性に関する検討
花田英司橘田康平須賀良介橋本 修青学大EMCJ2019-54 MW2019-83 EST2019-62
抄録 (和) レドームがアンテナの特性に影響を与えることが知られており,ミリ波レーダ等の波長に対して大きい高利得アンテナを用いるシステムでは,電磁界解析を用いたレドームの設計や評価には膨大な時間が必要となる.一方で,これらの寸法の大きいアンテナは,アンテナから近い距離で平面波が形成されることが報告されている.そこで本研究では,伝送線路理論を用いたレドームの高速な伝送特性計算に必要なアンテナ素子数およびアンテナとレドーム間の距離を導出する. 
(英) It is known that a radome deteriorates antenna characteristics and the evaluation of the radome using electromagnetic field simulations requires time for the system uses high gain antenna such as millimeter-wave radar systems. In this study, the number of antenna elements and the distance between the antenna and radome are derived for fast calculation of the transmission characteristics of radome using transmission line theory considering large antennas generate quasi-plane wave region close to antenna.
キーワード (和) ミリ波レーダ / 伝送線路理論 / 伝送特性 / レドーム / / / /  
(英) Millimeter-wave radar / transmission line theory / transmission characteristics / radome / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 243, EST2019-62, pp. 93-97, 2019年10月.
資料番号 EST2019-62 
発行日 2019-10-17 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2019-54 MW2019-83 EST2019-62

研究会情報
研究会 EMCJ MW EST IEE-EMC  
開催期間 2019-10-24 - 2019-10-25 
開催地(和) 東北学院大学(工学部1号館3階第2会議室) 
開催地(英) Tohoku Gakuin University(Conf. Room 2, Eng. Bldg. 1) 
テーマ(和) EMC一般、マイクロ波、電磁界シミュレーション 
テーマ(英) EMC, Microwave, Electromagnetic field simulation. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2019-10-EMCJ-MW-EST-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 伝送線路理論を用いたレドームの伝送特性計算における2次元アレーアンテナの寸法依存性に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Planar Array Antenna Dimension Dependency of Transmission Characteristics Calculation of Radome by Transmission Line Theory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波レーダ / Millimeter-wave radar  
キーワード(2)(和/英) 伝送線路理論 / transmission line theory  
キーワード(3)(和/英) 伝送特性 / transmission characteristics  
キーワード(4)(和/英) レドーム / radome  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 花田 英司 / Eiji Hanada / ハナダ エイジ
第1著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘田 康平 / Kohei Kitta / キッタ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 須賀 良介 / Ryosuke Suga / スガ リョウスケ
第3著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 修 / Osamu Hashimoto / ハシモト オサム
第4著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-25 09:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EMCJ2019-54,IEICE-MW2019-83,IEICE-EST2019-62 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.241(EMCJ), no.242(MW), no.243(EST) 
ページ範囲 pp.93-97 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2019-10-17,IEICE-MW-2019-10-17,IEICE-EST-2019-10-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会