お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-25 15:05
TMSによる言語野刺激における末梢神経のモデル化
酒井隆志名工大)・谷 恵介田中悟志浜松医科大)・平田晃正名工大EMCJ2019-65 MW2019-94 EST2019-73
抄録 (和) 近年,医療分野において脳組織を非侵襲的かつ局所的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁気刺激法)がある.TMSとは,頭部近傍にコイルを配置し,そのコイルに電流を流した際に発生する磁界の変化により,脳内に電流を誘導し,それによって大脳皮質を刺激する方法であり,治療や臨床で利用されている.一方で,特に言語機能をもつ脳組織を刺激する際,顔の筋肉や喉,顎に痛みを感じるないしは不快であると感じることが報告されている.本稿では,TMSによる神経刺激を再現するために,リアル人体頭部モデルを用いて電磁界シミュレーションを行い,人体頭部内における誘導電界を算出した.さらに,電磁界シミュレーションにより得られた結果を基に末梢神経のモデル化について検討し,神経が応答する入力電流強度の閾値について実験結果と比較を行った.TMSによる言語野の刺激においては皮膚もしくは筋肉のどちらの神経が応答しているかという疑問に対する一つの検討を行った. 
(英) In recent years, there has been a growing interest in non-invasive stimulation of the brain for medical treatment and diagnosis. Transcranial Magnetic Stimulation (TMS) is a non-invasive scheme that induces an electric current below the stimulating coil, in which a pulse is injected through its windings. TMS has been used for brain mapping of language and motor function. However, there has been reported that discomfort/pain can be experienced in face or jaw muscles when stimulating speech-associated areas of the brain for TMS placed on the temporal region. The aim of this study is to investigate TMS-side- effects on nerve stimulation by implementing an electromagnetic computation of the TMS-induced electric fields using a detailed human head model, and its effect on nerve model activation. We compared measurements of the TMS intensity thresholds of pain perception with computed nerves response thresholds. Finally, we investigated whether the nerve of the skin or muscle is responding to the stimulation of the language area by TMS.
キーワード (和) 経頭蓋磁気刺激法 (TMS) / Scalar Potential Finite Difference (SPFD) 法 / リアル人体頭部モデル / MR画像 / / / /  
(英) Transcranial Magnetic Stimulation (TMS) / Scalar Potential Finite Difference (SPFD) Method / Realistic Human Model / MR Images / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 243, EST2019-73, pp. 163-168, 2019年10月.
資料番号 EST2019-73 
発行日 2019-10-17 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2019-65 MW2019-94 EST2019-73

研究会情報
研究会 EMCJ MW EST IEE-EMC  
開催期間 2019-10-24 - 2019-10-25 
開催地(和) 東北学院大学(工学部1号館3階第2会議室) 
開催地(英) Tohoku Gakuin University(Conf. Room 2, Eng. Bldg. 1) 
テーマ(和) EMC一般、マイクロ波、電磁界シミュレーション 
テーマ(英) EMC, Microwave, Electromagnetic field simulation. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2019-10-EMCJ-MW-EST-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TMSによる言語野刺激における末梢神経のモデル化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modeling Nerve Activation During TMS Targeting Language Area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 経頭蓋磁気刺激法 (TMS) / Transcranial Magnetic Stimulation (TMS)  
キーワード(2)(和/英) Scalar Potential Finite Difference (SPFD) 法 / Scalar Potential Finite Difference (SPFD) Method  
キーワード(3)(和/英) リアル人体頭部モデル / Realistic Human Model  
キーワード(4)(和/英) MR画像 / MR Images  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 隆志 / Takashi Sakai / サカイ タカシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷 恵介 / Keisuike Tani / タニ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 浜松医科大学 (略称: 浜松医科大)
Hamamatsu University School of Medicine (略称: Hamamatsu Univ. School of Medicine)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 悟志 / Satoshi Tnaka / タナカ サトシ
第3著者 所属(和/英) 浜松医科大学 (略称: 浜松医科大)
Hamamatsu University School of Medicine (略称: Hamamatsu Univ. School of Medicine)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 晃正 / Akimasa Hirata / ヒラタ アキマサ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-25 15:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EMCJ2019-65,IEICE-MW2019-94,IEICE-EST2019-73 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.241(EMCJ), no.242(MW), no.243(EST) 
ページ範囲 pp.163-168 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2019-10-17,IEICE-MW-2019-10-17,IEICE-EST-2019-10-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会