電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-24 13:55
[依頼講演]IEEE 802.11無線LAN標準化に関する最近の動向
浅井裕介NTTRCS2019-185
抄録 (和) IEEE 802.11無線LAN標準化部会における最近の動向について概説する.はじめに,現在標準化作業中のタスクグループ(TG)の一覧および主要技術を俯瞰し,主要なTGの動向を紹介する.TGax(802.11ax)は,マイクロ波帯を用いた高効率化規格を策定しており,ドラフト策定が進み標準化完了間近である.802.11axは,高密度環境における高い伝送効率を実現するために,ユーザ多重数を拡大する上り/下りリンクOFDMA技術・上りマルチユーザMIMO技術を規定している.また,最近になって欧米で6GHz帯の免許不要デバイスへの割り当てに向けた法度整備に向けた準備が進んでいることを前提に,6GHz帯での運用のための管理機能を規定している.TGay (802.11ay)は,ミリ波帯を活用する高速化規格を策定中である.802.11ayは,チャネルボンディングおよび空間多重伝送の規定により最大100Gbps以上の高速化を定義している.TGbcでは,無線LANによるブロードキャストサービス技術の策定に向けた議論が行われている.802.11axの次世代の超高速化規格(EHT; Extreme High Throughput)の技術検討はTGbeで行われてい.また,2016年に標準化作業が完了した標準規格であり,今後対応機器の登場が期待される,1GHz未満の免許不要周波数帯を活用するIoT向け無線LANである802.11ahについて,技術概要および実機を用いた伝送特性評価結果を紹介する. 
(英) This lecture presents recent technical trends of IEEE 802.11 wireless LAN (WLAN) standardization. First, all of active task groups (TGs) and their major techniques are briefly overviewed. Then, technical discussion and current status of some major TGs are presented. TGax (802.11ax) is standardizing the high efficiency wireless LAN (WLAN) at microwave frequency bands. 802.11ax adopts uplink/downlink orthogonal frequency division multiplexing (OFDMA) and uplink/downlink multiuser multiple-input, multiple-output (MU-MIMO) to achieve high transmission efficiency in densely deployed use cases. In addition, 802.11ax additionally specifies management functions to operate wireless connection in 6 GHz bands to cope with recent regulatory update to allow unlicensed devices (typically, IEEE 802.11 WLANs) operation. TGay (802.11ay), is standardizing the second generation of millimeter-wave WLAN standard. 802.11ay utilizes channel bonding and spatial multiplexing to define more than 100 Gbps of physical layer bit rate. TGbc is specifying broadcast services over WLANs. TGbe is discussing technical features for the extreme high throughput WLANs, which is the next-generation of 802.11ax. Finally, the brief technical features and experimental evaluation results of 802.11ah are introduced. 802.11ah operates at sub-1GHz frequency band and assumes IoT application and use cases. The standardization of 802.11ah has been finished in 2016 and the commercial products will appear on near future.
キーワード (和) IEEE 802.11 / WIreless LAN / 802.11ax / 802.11ay / 802.11bc / 802.11be / 802.11ah /  
(英) IEEE 802.11 / Wireless LAN / 802.11ax / 802.11ay / 802.11bc / 802.11be / 802.11ah /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 244, RCS2019-185, pp. 43-43, 2019年10月.
資料番号 RCS2019-185 
発行日 2019-10-17 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-185

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-10-24 - 2019-10-25 
開催地(和) 横須賀リサーチパーク (YRP) 
開催地(英) Yokosuka Research Park 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE 802.11無線LAN標準化に関する最近の動向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recent Technical Trends in IEEE 802.11 Standardization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(2)(和/英) WIreless LAN / Wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) 802.11ax / 802.11ax  
キーワード(4)(和/英) 802.11ay / 802.11ay  
キーワード(5)(和/英) 802.11bc / 802.11bc  
キーワード(6)(和/英) 802.11be / 802.11be  
キーワード(7)(和/英) 802.11ah / 802.11ah  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 裕介 / Yusuke Asai / アサイ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-24 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-185 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.244 
ページ範囲 p.43 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCS-2019-10-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会