お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-24 11:50
多素子MIMO TDDヘテロジニアスネットワークにおけるパイロットオーバーヘッドを考慮したセル間干渉軽減に関する検討
神渡俊介牟田 修九大RCS2019-183
抄録 (和) マクロセル(MC) とスモールセル(SC) が同一周波数帯域を利用する2 層ヘテロジニアスネットワーク(HetNet : Heterogeneous Network) では, MC とSC 間の干渉(異層間干渉) の軽減が重要な課題となる.
著者等は, 時分割復信(TDD: Time Division Duplex)を用いる2層HetNetにおいて, MC 基地局(MBS) とSC ユーザ(SU) 間の干渉伝搬路状態を上り回線の直交パイロットを用いて推定しMBS の指向性制御を行うことで, 下り回線におけるMBS からSU への異層間干渉を軽減する方式を提案した.
この方式は多素子MIMOを備えるMBSがその空間自由度を活用することでSUへの干渉を軽減するものであり, SC基地局(SBS)からSCユーザ(SU)への干渉抑圧は考慮されていない.
本論文では, 多素子MIMO-TDD-2層HetNetにおけるMCとSC間の相互の異層間干渉を軽減する技術を提案し, その特性を評価する.
提案方式では, 上り回線パイロットを用いてMBS-SU間に加えてSBS-MU間の干渉情報を推定することで, SBSからの異層間干渉も軽減する. 提案方式を用いることで, 従来方式に比べてパイロットオーバーヘッドを増大させることなく下り回線伝送レートを向上できることを計算機シミュレーションにより示す. 
(英) In a two-tier heterogeneous network (HetNet) , mitigation of interference between the MC and SC (i.e., cross-tier interference) is an important issue, where macro cell (MC) and small cell (SC) use the same time/frequency resources. The authors have proposed to estimate cross-channel state information between macro base station (MBS) and small cell users (SUs) by using uplink pilots and optimizing the precoding weights at MBS so as to mitigate interference from MBS to SU. However, in the above work, cross-tier interference mitigation from small-cell base station (SBS) to macro users (MUs) is not taken into consideration. In this paper, we propose a cross-tier interference mitigation scheme that coordinates not only cross-tier interference from MBS to SU but also that from SBS to MU in time division duplex (TDD) based two-tier HetNet where massive multi-input multi-output (mMIMO) is equipped at MBS. In this scheme, cross-tier interference can be mitigated without increasing the pilot overhead in comparison with the conventional scheme. Simulation results show that the proposed scheme is effective in improving downlink sum-rate.
キーワード (和) 2層ヘテロジニアスネットワーク / 多素子MIMO / 直交パイロット / パイロットオーバーヘッド / / / /  
(英) two-tier heterogeneous network / massive MIMO / orthogonal pilot / pilot overhead / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 244, RCS2019-183, pp. 31-36, 2019年10月.
資料番号 RCS2019-183 
発行日 2019-10-17 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-183

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2019-10-24 - 2019-10-25 
開催地(和) 横須賀リサーチパーク (YRP) 
開催地(英) Yokosuka Research Park 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多素子MIMO TDDヘテロジニアスネットワークにおけるパイロットオーバーヘッドを考慮したセル間干渉軽減に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Interference Mitigation Considering Pilot Overhead in TDD Massive MIMO Heterogeneous Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 2層ヘテロジニアスネットワーク / two-tier heterogeneous network  
キーワード(2)(和/英) 多素子MIMO / massive MIMO  
キーワード(3)(和/英) 直交パイロット / orthogonal pilot  
キーワード(4)(和/英) パイロットオーバーヘッド / pilot overhead  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神渡 俊介 / Shunsuke Kamiwatari / カミワタリ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牟田 修 / Osamu Muta / ムタ オサム
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-24 11:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-183 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.244 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-10-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会