電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-23 10:50
微小高調波を用いた振動切削法の数値的検討
志藤広陸加藤秀行大分大)・軽部 周大分高専)・高坂拓司中京大
抄録 (和) 振動切削法とは,工具を規則的に振動させながら切削を行う精密加工法である.この加工法は慣用切削に比べて良好な加工面が得られる.一方,この加工法は臨界切削速度と呼ばれる切削速度の上限が存在し,その上限を超えるとびびり振動が発生する.また,微小高調波を用いると異常振動が抑制される研究が行われている.本稿では,微小高調波を用いた振動切削法 (高調波振動切削法) について数値的に検討を行う.まず切削モデルを示し,運動方程式およびモデルの振る舞いについて記述する.次に切削速度を変化させた場合の工作物変位を求め,振動切削法と高調波振動切削法の比較を行う.最後に,振動切削法に対する高調波振動切削法の優位性を示す. 
(英) A vibration cutting method is a precision machining technique with the regularly vibrating tool.The method polishes the surface smoother than a conventional cutting.However, there is an upper limit of the cutting speed called the critical cutting speed above which, chattering vibration occurs.In addition, some studies can suppress abnormal vibrations show weak harmonics.In this paper, we numerically the effects of the application of the weak harmonics to the investigate vibration cutting method (harmonic superimposed vibration cutting method).First, we present a mathematical model of the vibration cutting and describe motion equation and behaviors.Next, by the obtained displacement of the workpiece from numerical simulations with and without the weak harmonics for several cutting speeds the vibration cutting method and the harmonic vibration cutting method are compared.Finally, it is shown that the harmonic superimposed vibration cutting method superior to the vibration cutting method.
キーワード (和) 振動切削法 / 臨界切削速度 / びびり振動 / 高調波振動切削法 / / / /  
(英) Vibration cutting method / Critical cutting speed / Chatter vibration / Harmonic superimposed vibration cutting method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 238, NLP2019-81, pp. 89-93, 2019年10月.
資料番号 NLP2019-81 
発行日 2019-10-15 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2019-10-22 - 2019-10-23 
開催地(和) 岐阜大学 
開催地(英) Gifu Univ. 
テーマ(和) 数理モデリング,数値シミュレーション,一般 
テーマ(英) Mathematical modeling, numerical simulation etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-10-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 微小高調波を用いた振動切削法の数値的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Numerical consideration on vibration cutting method with weak harmonics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 振動切削法 / Vibration cutting method  
キーワード(2)(和/英) 臨界切削速度 / Critical cutting speed  
キーワード(3)(和/英) びびり振動 / Chatter vibration  
キーワード(4)(和/英) 高調波振動切削法 / Harmonic superimposed vibration cutting method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 志藤 広陸 / Hiromichi Shito / シトウ ヒロミチ
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 秀行 / Hideyuki Kato / カトウ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 軽部 周 / Shu Karube / カルベ シュウ
第3著者 所属(和/英) 大分工業高等専門学校 (略称: 大分高専)
National Institute of Technology, Oita College (略称: NIT, Oita College.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高坂 拓司 / Takuji Kousaka / コウサカ タクジ
第4著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-23 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2019-41,IEICE-NLP2019-81 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.237(CAS), no.238(NLP) 
ページ範囲 pp.89-93 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2019-10-15,IEICE-NLP-2019-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会