電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-22 09:15
HNNによる制約条件充足問題の求解時間
源河拓巳神野健哉東京都市大
抄録 (和) 制約条件充足問題を解決することは重要であり、非常に多くの解決方法が提案されている . ニューラルネットワークを用いた方法は解決方法のうちの一つである. 本研究ではヒステリシスニューラルネットワーク (HNN)を使用して制約条件充足問題を解決する実際の計算時間を評価を行う. HNN の各ニューロンのダイナミクスは連続値の状態変数で決定され、ニューロンの出力は 2 値のみである. HNN は区分線形システムであり、HNN の解は高速かつ高精度に計算することができる. 本稿では四色問題の HNN によるソルバーを検討し、HNN による解の探索に要する実際の計算時間を調査する 
(英) Since solving Constraint Satisfaction Problems (CSPs) is very important, therefore, many solving methods are proposed. The solving method using artificial neural networks is one of such solving methods. In this article, we evaluate an actual calculation time to solve a constraint condition satisfaction problem by using our proposed hysteresis neural network (HNN) which was originally proposed in 1991. The HNN consists of a binary hysteresis neuron. The dynamics of each neuron is depended on the continuous state variable, and the output of the neuron takes two discrete values. The HNN is regarded as a piecewise linear system, and the solution trajectory of the HNN can be calculated rigorously and rapidly. We con- sider a solver by HNN for the four-coloring problem in this article. We investigate the actual calculation time of HNN solution search.
キーワード (和) 制約条件充足問題 / ニューラルネットワーク / 四色問題 / / / / /  
(英) Constraint Satisfaction Problems / Neural Networks / four-coloring problem / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 238, NLP2019-64, pp. 7-10, 2019年10月.
資料番号 NLP2019-64 
発行日 2019-10-15 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2019-10-22 - 2019-10-23 
開催地(和) 岐阜大学 
開催地(英) Gifu Univ. 
テーマ(和) 数理モデリング,数値シミュレーション,一般 
テーマ(英) Mathematical modeling, numerical simulation etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-10-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HNNによる制約条件充足問題の求解時間 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Actual Calculation Time for Constraint Satisfaction Problem by HNN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 制約条件充足問題 / Constraint Satisfaction Problems  
キーワード(2)(和/英) ニューラルネットワーク / Neural Networks  
キーワード(3)(和/英) 四色問題 / four-coloring problem  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 源河 拓巳 / Takumi Genka / ゲンカ タクミ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神野 健哉 / Kenya Jin'no / ジンノ ケンヤ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-22 09:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2019-24,IEICE-NLP2019-64 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.237(CAS), no.238(NLP) 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2019-10-15,IEICE-NLP-2019-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会