電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-22 09:50
移動体通信用梯子型LC整合回路のパラメータ解析
田中 聡村田製作所
抄録 (和) インダクタLとキャパシタCで構成するLC/CL整合回路は,電力増幅器(PA)などで広く適用されている.特にLC/CL整合回路を多段接続する梯子型整合回路は広帯域化の観点から広く適用されている.本稿では電力増幅器の出力整合回路によく用いられるLC-LC,LC-CL型の2つの回路について中間終端インピーダンスを変化させた場合の帯域への影響を負荷インピーダンスの偏差に着目し確認する.特に中間終端インピーダンスを複素インピーダンスにすることで帯域の拡大ができることを示す.整合回路の素子値の決定については筆者が提案した負性素子を含むL型整合回路の合成手法を適用した. 
(英) The LC/CL-matching circuits are widely applied to the RF power amplifiers (PA). In particular, ladder-type LC/CL-matching circuits are widely applied from the viewpoint of broadband. In this paper, we focus on the deviation of the load impedance and confirm the effect on the band when the intermediate termination impedance is changed for two circuits of LC-LC and LC-CL type, which are commonly used in the output matching circuit of PA. In particular, it is shown that the band can be expanded by making the intermediate termination impedance a complex impedance. For the determination of the element value of the matching circuit, we applied the synthesis method of the L-type matching circuit including the negative element proposed by the author.
キーワード (和) 携帯電話 / 電力増幅器 / 整合回路 / RF / LC / / /  
(英) Mobile phone / Power amplifier / Matching Circuit / RF / LC / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 237, CAS2019-25, pp. 11-16, 2019年10月.
資料番号 CAS2019-25 
発行日 2019-10-15 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2019-10-22 - 2019-10-23 
開催地(和) 岐阜大学 
開催地(英) Gifu Univ. 
テーマ(和) 数理モデリング,数値シミュレーション,一般 
テーマ(英) Mathematical modeling, numerical simulation etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2019-10-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動体通信用梯子型LC整合回路のパラメータ解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Parameter analysis on LC-matching circuits for mobile phone applications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 携帯電話 / Mobile phone  
キーワード(2)(和/英) 電力増幅器 / Power amplifier  
キーワード(3)(和/英) 整合回路 / Matching Circuit  
キーワード(4)(和/英) RF / RF  
キーワード(5)(和/英) LC / LC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 聡 / Satoshi Tanaka / タナカ サトシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 村田製作所 (略称: 村田製作所)
Murata Manufacturing Co., Ltd. (略称: Murata)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-22 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2019-25,IEICE-NLP2019-65 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.237(CAS), no.238(NLP) 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2019-10-15,IEICE-NLP-2019-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会