電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-18 13:30
熱起因現象を意識したCoFeB/Pt二層膜におけるスピンダイナミクスの評価
宮﨑圭司屋冨祖 稔木村 崇九大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 強磁性/非磁性二層におけるスピンダイナミクスでは、スピン軌道トルクによるスピンダイオード効果やスピンポンピングによる逆スピンホール効果などの複数の現象が混在する。更に、我々は最近、強磁性共鳴時に強磁性体が発熱することを報告しており、それによる熱スピン注入、スピンゼーベック効果の重要性も指摘している。今回はPt/CoFeB/Si基板とCoFeB/Pt/Si 基板を用意し、積層順序の違いなどの観点から比較することで各種信号変化の起源を考察し、起源解明を行った。 
(英) In spin dynamics in ferromagnetic/nonmagnetic bilayers, several phenomena are mixed such as spin torque diode effect caused by spin orbital torque, reverse spin hall effect caused by spin pumping, etc. Furthermore, we recently reported that the ferromagnetic material produces heat during ferromagnetic resonance. The phenomenon is called FMR heating and it generates thermal spin current. In this experiment, we prepare two samples. One is Pt/CoFeB/Si and the other is CoFeB/Pt/Si. By comparing the difference of Stacking order, we argued and analyzed.
キーワード (和) スピンポンピング / 熱スピン注入 / スピンゼーベック効果 / / / / /  
(英) spin pumping / thermal spin injection / spin seebeck effect / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 232, MRIS2019-34, pp. 113-114, 2019年10月.
資料番号 MRIS2019-34 
発行日 2019-10-10 (MRIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS IEE-MAG  
開催期間 2019-10-17 - 2019-10-18 
開催地(和) 九州大学 (西新プラザ) 
開催地(英) Kyushu University (Nishijin Plaza) 
テーマ(和) ヘッド,スピントロニクス,一般 
テーマ(英) Recording Head, Spintronics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2019-10-MRIS-MMS-MAG 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 熱起因現象を意識したCoFeB/Pt二層膜におけるスピンダイナミクスの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spin dynamics in a CoFeB/Pt bilayer with the consideration of heat-induced phenomena 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スピンポンピング / spin pumping  
キーワード(2)(和/英) 熱スピン注入 / thermal spin injection  
キーワード(3)(和/英) スピンゼーベック効果 / spin seebeck effect  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮﨑 圭司 / Miyazaki keishi / ミヤザキ ケイシ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 屋冨祖 稔 / Yafuso Minoru / ヤフソ ミノル
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 崇 / Kimura Takashi / キムラ タカシ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-18 13:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MRIS2019-34 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.232 
ページ範囲 pp.113-114 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-MRIS-2019-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会