電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-17 17:00
点接合分光法を用いたトポロジカル絶縁体候補SmB6の電子状態測定
原田琢良志賀雅亘沖村健吾稲垣祐次九大)・伊賀文俊茨城大)・河江達也九大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 近藤絶縁体とは、高温では金属的だが低温では絶縁体的に振る舞う物質群である。SmB6は典型的な近藤絶縁体としてよく知られているが、極低温では絶縁体でありながら電気抵抗が飽和するという性質を持つことから、近年の研究ではトポロジカル絶縁体候補物質として注目を集めている。今回我々はSmB6の極低温での振る舞いを研究するため、点接合分光法を用いた電子状態測定を試みた。その結果、コンタクトサイズに依存して信号が変化することがわかった。この原因として、コンタクトサイズの変化によってバルク及び表面からの寄与が変化したからである可能性がある。この結果から、SmB6のバルクと表面では異なる伝導特性を持つ可能性があると言える。 
(英) SmB6 is known as Kondo insulator. The electrical resistivity of SmB6 is saturated at low temperature even though energy gap is completely opening. Recently, the origin of that behavior is discussed from the view point of a topological insulator, which has a metallic surface state. To reveal the difference between the bulk and the surface states, we investigated the electronic density of state (DOS) of SmB6 using point contact spectroscopy (PCS). As a result, PCS spectra was changed with decreasing the contact size. The size dependence of the PCS spectra can be explained by the change of the contribution between the metallic surface state and insulating bulk state.
キーワード (和) 近藤絶縁体 / SmB6 / トポロジカル絶縁体 / / / / /  
(英) Kondo insulator / SmB6 / topological insulator / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 232, MRIS2019-25, pp. 61-64, 2019年10月.
資料番号 MRIS2019-25 
発行日 2019-10-10 (MRIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MRIS ITE-MMS IEE-MAG  
開催期間 2019-10-17 - 2019-10-18 
開催地(和) 九州大学 (西新プラザ) 
開催地(英) Kyushu University (Nishijin Plaza) 
テーマ(和) ヘッド,スピントロニクス,一般 
テーマ(英) Recording Head, Spintronics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2019-10-MRIS-MMS-MAG 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 点接合分光法を用いたトポロジカル絶縁体候補SmB6の電子状態測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of electronic density of state of SmB6 using point contact spectroscopy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近藤絶縁体 / Kondo insulator  
キーワード(2)(和/英) SmB6 / SmB6  
キーワード(3)(和/英) トポロジカル絶縁体 / topological insulator  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 琢良 / Harada Takurou / ハラダ タクロウ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 志賀 雅亘 / Shiga Masanobu / シガ マサノブ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 沖村 健吾 / Okimura Kengo / オキムラ ケンゴ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲垣 祐次 / Inagaki Yuji / イナガキ ユウジ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊賀 文俊 / Iga Fumitoshi / イガ フミトシ
第5著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 河江 達也 / Kawae Tastuya / カワエ タツヤ
第6著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-17 17:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MRIS2019-25 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.232 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MRIS-2019-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会