お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-17 12:30
[ポスター講演]2層パッチ素子を用いた液晶リフレクトアレーの設計
竹村大幹佐藤弘康村上耀一柴田陽生石鍋隆宏藤掛英夫陳 強東北大AP2019-92
抄録 (和) リフレクトアレーの誘電体基板材として液晶を利用し,液晶にバイアス電圧を印加し て比誘電率を変化させ,散乱波のビーム方向を制御可能な液晶リフレクトアレーが報告されてい る.しかしながら,バイアス電圧の印可による液晶の比誘電率の変化は 2 から 3 程度であるため 十分な位相変化が得られない課題がある.そこで,本報告では限られた比誘電率の変化において, 周期構造の単位セルに対する反射係数の位相変化を増加させることを目的として,2 層パッチ素 子を用いた液晶リフレクトアレーを提案し,液晶リフレクトアレーの散乱特性に対する基礎検討 を行った結果を述べる. 
(英) Recently, the liquid crystal reflectarry (LC-RA) using liquid crystal as a dielectric substrate of a reflectarray is expected for beam steerable antennas. Dielectric constant of the liquid crystal changes by applying a bias voltage, and the scattering beam direction can be controlled. However, change of dielectric constant of the liquid crystal is limited in a range from 2 to 3, and it is not enough to change the phase of reflection coefficient up to 2 in the unit-cell analysis of periodic structure. In this paper, the liquid crystal reflectarray using double-layer patch elements is proposed to increase the phase-range of reflection coefficient and fundamental study of LC-RA is performed.
キーワード (和) リフレクトアレー / 2層構造 / 液晶 / 無限周期構造解析 / / / /  
(英) Reflectarray / Two-layers / Liquid crystal / Infinite periodic structutre analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 228, AP2019-92, pp. 65-67, 2019年10月.
資料番号 AP2019-92 
発行日 2019-10-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-92

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2019-10-17 - 2019-10-18 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Univ. 
テーマ(和) 学生特集, 一般 
テーマ(英) Student Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2層パッチ素子を用いた液晶リフレクトアレーの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Liquid Crystal Reflectarray Using Double-Layer Patch Elements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リフレクトアレー / Reflectarray  
キーワード(2)(和/英) 2層構造 / Two-layers  
キーワード(3)(和/英) 液晶 / Liquid crystal  
キーワード(4)(和/英) 無限周期構造解析 / Infinite periodic structutre analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 大幹 / Hiroki Takemura / タケムラ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 弘康 / Hiroyasu Sato / サトウ ヒロヤス
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 耀一 / Youichi Murakami / ムラカミ ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 陽生 / Yosei Shibata / シバタ ヨウセイ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石鍋 隆宏 / Takahiro Ishinabe / イシナベ タカヒロ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤掛 英夫 / Hideo Hujikake / フジカケ ヒデオ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 強 / Qiang Chen / チン キョウ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-17 12:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-92 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.228 
ページ範囲 pp.65-67 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-AP-2019-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会