電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-11 09:00
Ku帯衛星回線における台風通過時の降雨減衰特性
佐々木駿一前川泰之阪電通大
抄録 (和) 1988年から2019年にかけて大阪電気通信大学(大阪府寝屋川市)において31年間測定されたKu帯衛星電波の台風襲来時の降雨減衰特性について調査を行った。降雨減衰の降雨強度に対する1時間値の比率は台風が局舎の東側を通過するときに卓越することが示された。降雨事象毎の雨域等価通路長は台風が西側を通過するときよりも東側を通過する場合のほうが大きくなることが分かった。近隣のアメダスで得られた地上風速と比較した結果、風向が衛星電波の到来方向と逆向きの方が、到来方向と同じときよりも雨域等価通路長が大きくなる傾向が示された。本研究により台風通過時の降雨減衰特性が、台風の通過方向や地上風速の風向の影響を強く受けることがはじめて示されたと言える。 
(英) Rain attenuation characteristics due to typhoon passage are discussed using the Ku band satellite signal observations conducted in Neyagawa, Osaka, from 1988 to 2019. The ratio of hourly rain attenuation to rainfall rate is found to be largely enhanced as the typhoon passes the east side of the station. The equivalent path lengths averaged over each rainfall event become larger in the case of east side typhoon passage, while they become smaller in the case of west side passage. As compared with the ground wind velocities obtained from nearby AMeDAS, the equivalent path lengths become larger as the wind directions approach the opposite of the satellite azimuth angle, while they become smaller as the wind directions nears the satellite azimuth angle. Thus, in this study, the rain attenuation characteristics are for the first time proved to be largely affected by the direction of typhoon passage and the ground wind velocities.
キーワード (和) 衛星通信 / 降雨減衰 / 降雨強度 / Ku帯 / 台風通過 / 雨域等価通路長 / /  
(英) Satellite communications / Rain attenuation / Rainfall rate / Ku-band / Typhoon passage / Equivalent path length / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 220, SAT2019-56, pp. 51-54, 2019年10月.
資料番号 SAT2019-56 
発行日 2019-10-03 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SAT  
開催期間 2019-10-10 - 2019-10-11 
開催地(和) JR博多シティ(福岡) {10F 会議室A+B} 
開催地(英) JR HAKATA CITY {10F RoomA+B} 
テーマ(和) 衛星通信技術及び一般(JC-SAT2019:韓国KOSST連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2019-10-SAT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Ku帯衛星回線における台風通過時の降雨減衰特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rain Attenuation Characteristics due to Typhoon Passage in Ku-band Satellite Links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite communications  
キーワード(2)(和/英) 降雨減衰 / Rain attenuation  
キーワード(3)(和/英) 降雨強度 / Rainfall rate  
キーワード(4)(和/英) Ku帯 / Ku-band  
キーワード(5)(和/英) 台風通過 / Typhoon passage  
キーワード(6)(和/英) 雨域等価通路長 / Equivalent path length  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 駿一 / Shunichi Sasaki / ササキ シュンイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Commun. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 泰之 / Yasuyuki Maekawa / マエカワ ヤスユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Commun. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-11 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2019-56 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.220 
ページ範囲 pp.51-54 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SAT-2019-10-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会