お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-10 10:30
電界結合型WPT回路理論の双対性原理からの開放 ~ kQ積理論活用への道 ~
粟井郁雄リューテック)・荒木純道東工大WPT2019-35
抄録 (和) 電界結合と磁界結合間の”双対性”に関する誤解が原因となって電界結合型WPT回路に対して誤った変換が行われ、学会に混乱が生じている。この報告では其の誤解を解き正しい変換と等価回路の導出法を示している。そしてその結果を利用して2ポートVNAによって回路のZまたはYパラメータを求め、kQ積理論に基づいた回路製作を行えば最も有効な回路製作が可能となることを紹介している. 
(英) There prevails a confusion on the analysis of electrically coupled WPT system due to the misunderstanding in the duality between the electric and magnetic couplings. The present report tries to solve the misunderstanding and show the right transformation and equivalent circuit. The latter enables to fabricate the WPT circuit effectively by the kQ-product theory through the Z or Y parameter measurement using a 2-port VNA.
キーワード (和) 電界結合型WPT回路 / 双対性 / ベクトルネットワークアナライザ / 共通接地等価回路 / kQ積理論 / 最大効率条件 / /  
(英) Electrically Coupled WPT Circuit / Duality / Vector Network Analyzer / Common Ground Equivalent Circuit / kQ-Product Theory / Maximum Efficiency Condition / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 218, WPT2019-35, pp. 47-52, 2019年10月.
資料番号 WPT2019-35 
発行日 2019-10-02 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2019-35

研究会情報
研究会 WPT EE  
開催期間 2019-10-09 - 2019-10-10 
開催地(和) 龍谷大学瀬田キャンパス RECホール (小ホール) 
開催地(英) Ryukoku Extension Center, Ryukoku University 
テーマ(和) 電力変換技術、無線電力伝送・一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2019-10-WPT-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電界結合型WPT回路理論の双対性原理からの開放 
サブタイトル(和) kQ積理論活用への道 
タイトル(英) Release from Duality Theorem of Electrically Coupled WPT System Theory 
サブタイトル(英) The Road to Application of kQ-product Theory 
キーワード(1)(和/英) 電界結合型WPT回路 / Electrically Coupled WPT Circuit  
キーワード(2)(和/英) 双対性 / Duality  
キーワード(3)(和/英) ベクトルネットワークアナライザ / Vector Network Analyzer  
キーワード(4)(和/英) 共通接地等価回路 / Common Ground Equivalent Circuit  
キーワード(5)(和/英) kQ積理論 / kQ-Product Theory  
キーワード(6)(和/英) 最大効率条件 / Maximum Efficiency Condition  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟井 郁雄 / Ikuo Awai / アワイ イクオ
第1著者 所属(和/英) 株式会社リューテック (略称: リューテック)
Ryutech Corporation (略称: Ryutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 純道 / Kiyomichi Araki / アラキ キヨミチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TITEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-10 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2019-35 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.218 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WPT-2019-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会