電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-10 18:00
[特別講演]技術試験衛星9号機による次世代HTSのフレキシブルペイロード技術の研究開発の取組
三浦 周・○大川 貢NICT)・坂井英一稲沢良夫三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 技術試験衛星9号機では,次世代のハイスループット衛星(High Throughput Satellite: HTS)の通信技術確立に向け,Ka帯/光による大容量化,デジタルペイロードによるフレキシブル化の技術実証を目指している.本稿では,これらの技術のうちフレキシブル化技術の研究開発としてマルチビーム,デジタルチャネライザ,DBFの研究開発の取組について紹介する.HTSは大容量化によるビット単価低減を目的としてKa帯等の広帯域が確保できる高周波数帯を利用し100ビーム級やそれ以上の多数のマルチビームで構成する衛星通信システムである.従来のHTSはビーム毎の通信容量が固定的であるため通信需要の変化に対応できない点が課題であり,フレキシブル化技術はこれを解決し通信リソースを効率的に利用する技術として期待されている.技術試験衛星9号機プロジェクトでは,マルチビーム技術,周波数フレキシビリティ技術としてデジタルチャネライザ,ロケーションフレキシビリティ技術としてデジタルビームフォーマ(Digital Beam Former: DBF)の技術を開発目標とした.Ka帯HTSへの適用に向けて,マルチビーム給電部の小型高密度化,デジタルチャネライザの広帯域化,DBFの広帯域化を主要な開発課題とし,研究開発および技術試験衛星9号機による宇宙実証に向けた衛星搭載機器開発を進めている. 
(英) The Engineering Test Satellite 9 aims to verify the large capacity technology by Ka-band/optical communications and the technology to enhance the flexibility by digital payload to establish communications technologies for next generation High Throughput Satellite (HTS). This paper introduces the R&D activity of the flexible payload technology toward the Engineering Test Satellite 9 such as the multi-beam, digital channelizer, and digital beam former (DBF). Typical HTS employs Ka-band or higher frequency band to maintain wide bandwidth and employs hundreds of multiple beams to realize large capacity in order to reduce cost per bit. Technological challenge for the conventional HTS is that it does not properly accommodate changing traffic demand during operation since communications capacity for each beam is fixed. Flexible payload technology is expected to solve the technological challenge and efficiently utilize the communications resource. In the Engineering Test Satellite 9 project, technologies for multi-beam, digital channelizer for frequency flexibility and DBF for location flexibility are defined as the target technologies. Toward application to Ka-band HTS, the establishment of the miniaturization and integration of the multi-beam feeder unit, wide-band performance of digital channelizer and DBF are defined as the main development goals. To this end, the R&Ds and the development of payloads toward in-orbit verification by the Engineering Test Satellite 9 are in progress.
キーワード (和) ハイスループット衛星 / Ka帯 / フレキシブルペイロード / 技術試験衛星9号機 / / / /  
(英) High Throughput Satellite / Ka band / Flexible Payload / Engineering Test Satellite 9 / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 220, SAT2019-55, pp. 47-50, 2019年10月.
資料番号 SAT2019-55 
発行日 2019-10-03 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SAT  
開催期間 2019-10-10 - 2019-10-11 
開催地(和) JR博多シティ(福岡) {10F 会議室A+B} 
開催地(英) JR HAKATA CITY {10F RoomA+B} 
テーマ(和) 衛星通信技術及び一般(JC-SAT2019:韓国KOSST連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2019-10-SAT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 技術試験衛星9号機による次世代HTSのフレキシブルペイロード技術の研究開発の取組 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) R&D activity of flexible payload technologies for next generation High Throughput Satellite by the Engineering Test Satellite 9 Project 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイスループット衛星 / High Throughput Satellite  
キーワード(2)(和/英) Ka帯 / Ka band  
キーワード(3)(和/英) フレキシブルペイロード / Flexible Payload  
キーワード(4)(和/英) 技術試験衛星9号機 / Engineering Test Satellite 9  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 周 / Amane Miura / ミウラ アマネ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Communications and Information Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 貢 / Mitsugu Okawa / オオカワ ミツグ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Communications and Information Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 英一 / Eiichi Sakai / サカイ エイイチ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲沢 良夫 / Yoshio Inasawa / イナサワ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-10 18:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2019-55 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.220 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SAT-2019-10-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会