お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-10 11:35
[依頼講演]Performance Evaluation on MAC Layer Protocol in Crash Warning Application using PC5-based Cellular-V2X mode4
Takeshi HiraiTutomu MuraseNagoya Univ.NS2019-101
抄録 (和) This paper presents the characteristics of the MAC layer protocol of PC5-based Cellular-V2X mode 4 for Crash Warning Application. Mode 4 is an infrastructure-less protocol, and instead of negotiations with base stations, the MAC layer protocol is a new random access called Sensing-based Semi-Persistent Scheduling (SPS). In Sensing-based SPS, each node estimates interference of all slots to select a slot of low interference. However, as the number of nodes increases, the estimation mechanism may incorrectly infer interference, and as a result, individual node frequently selects a bad slot to use. Evaluation results showed that a part of estimation mechanism of the current Sensing-based SPS was not almost effective to increase the number of accommodated nodes compared to a random selection without the estimation mechanism. 
(英) This paper presents the characteristics of the MAC layer protocol of PC5-based Cellular-V2X mode 4 for Crash Warning Application. Mode 4 is an infrastructure-less protocol, and instead of negotiations with base stations, the MAC layer protocol is a new random access called Sensing-based Semi-Persistent Scheduling (SPS). In Sensing-based SPS, each node estimates interference of all slots to select a slot of low interference. However, as the number of nodes increases, the estimation mechanism may incorrectly infer interference, and as a result, individual node frequently selects a bad slot to use. Evaluation results showed that a part of estimation mechanism of the current Sensing-based SPS was not almost effective to increase the number of accommodated nodes compared to a random selection without the estimation mechanism.
キーワード (和) C-V2X / PC5-based C-V2X mode 4 / Sensing-based Semi-Persistent Scheduling / Crash Warning / / / /  
(英) C-V2X / PC5-based C-V2X mode 4 / Sensing-based Semi-Persistent Scheduling / Crash Warning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 221, NS2019-101, pp. 13-18, 2019年10月.
資料番号 NS2019-101 
発行日 2019-10-03 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2019-101

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2019-10-10 - 2019-10-11 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW,IoT,エッジコンピューティング),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般 
テーマ(英) Network architecture (Overlay, P2P, Ubiquitous network, Scale-free network, Active network, NGN/NwGN, IoT, Edge computing, Next generation packet transport (High speed Ethernet, IP over WDM, Multi-service package technology, MPLS), Grid, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-10-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation on MAC Layer Protocol in Crash Warning Application using PC5-based Cellular-V2X mode4 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) C-V2X / C-V2X  
キーワード(2)(和/英) PC5-based C-V2X mode 4 / PC5-based C-V2X mode 4  
キーワード(3)(和/英) Sensing-based Semi-Persistent Scheduling / Sensing-based Semi-Persistent Scheduling  
キーワード(4)(和/英) Crash Warning / Crash Warning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 健士 / Takeshi Hirai / ヒライ タケシ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-10 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2019-101 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.221 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-10-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会