お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-10 14:20
アームロボットの電力・信号非接触伝送用モジュールの開発
松浦 佑二ツ矢幹基石崎俊雄粟井郁雄龍谷大WPT2019-40
抄録 (和) アームロボットの制御は各関節を動かすサーボモータごとに独立な配線でコントローラから送る電力と制御信号により行っている。本報告はその配線をすべてアーム内に収め関節部では非接触で送電を行うことを目指すものである。そのため電力と信号の大きなレベル差にいかに対応するか、各関節ごとに出入りする信号と電力をバスラインからどの様に供給するか、工場内の劣悪な電磁環境にどのようにして耐えるかが主要な課題である。これらに対応するため信号と電力バスラインを分離する方式を選び、コントローラと各アーム内の電力/信号のやり取りを間違いなく実行するためのフィルタ(ダイプレクサ)使用法の検討を行っている。アンテナによって制御信号を無線にすることは、工場内には多数のアームロボットや重要機器が存在するためアームロボット同士での干渉や他の機器への妨害による事故が起こりかねない。これでは依然根本的な問題を解決できていないため、目標をより先に設定してIoT時代での応用を考慮し、制御信号の同時伝送を目的とする。 
(英) he arm robot is controlled by power and control signals sent from the controller by independent wiring for each servo motor that moves each joint. The purpose of this report is to keep all the wiring in the arm and to transmit power without contact at the joint. Therefore, how to cope with a large level difference between power and signal, how to supply signal and power to / from each joint from the bus line, and how to withstand the poor electromagnetic environment in the factory are the main factors. It is a difficult task. In order to deal with these problems, a method of separating the signal and the power bus line is selected, and a method of using a filter (diplexer) for performing the exchange of power / signals between the controller and each arm is being examined. Making a control signal wireless by using an antenna may cause an accident due to interference between arm robots or interference with other devices since there are many arm robots and important devices in the factory.
Since this still does not solve the fundamental problem, the goal is to set the target earlier and consider the application in the IoT era, and to simultaneously transmit control signals.
キーワード (和) アームロボット / 非接触電力伝送 / 電力・信号同時伝送 / モジュール化 / 多段伝送 / / /  
(英) Arm robot / Contactless power transfer / Simultaneous transfer of power and signal / Modularization / Multi-stage transfer / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 218, WPT2019-40, pp. 73-78, 2019年10月.
資料番号 WPT2019-40 
発行日 2019-10-02 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2019-40

研究会情報
研究会 WPT EE  
開催期間 2019-10-09 - 2019-10-10 
開催地(和) 龍谷大学瀬田キャンパス RECホール (小ホール) 
開催地(英) Ryukoku Extension Center, Ryukoku University 
テーマ(和) 電力変換技術、無線電力伝送・一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2019-10-WPT-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アームロボットの電力・信号非接触伝送用モジュールの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on a Module for Contactless Power and Signal Transfer for Arm Robot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アームロボット / Arm robot  
キーワード(2)(和/英) 非接触電力伝送 / Contactless power transfer  
キーワード(3)(和/英) 電力・信号同時伝送 / Simultaneous transfer of power and signal  
キーワード(4)(和/英) モジュール化 / Modularization  
キーワード(5)(和/英) 多段伝送 / Multi-stage transfer  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 佑 / Yu Matsuura / マツウラ ユウ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二ツ矢 幹基 / Motoki Futatsuya / フタツヤ モトキ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石崎 俊雄 / Toshio Ishizaki / イシザキ トシオ
第3著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟井 郁雄 / Ikuo Awai / アワイ イクオ
第4著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-10 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2019-40 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.218 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WPT-2019-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会