お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-10 15:15
[招待講演]Building a disaster-resilient storage layer for next generation networks: The role of redundancy
Vero Estrada-GalinanesRacin NygaardUniv. of Stavanger)・Viktor TronEthereum)・Rodrigo SaramagoLeander JehlHein MelingUniv. of StavangerNS2019-112
抄録 (和) Blockchain is the driving force behind a myriad of decentralized applications (dapps) that promise to transform the Internet. The next generation Internet, or web3, introduces a "universal state layer" to store data in p2p networks. Swarm, a native layer of the Ethereum web3 stack, aims at providing redundant storage for dapp code, data, as well as, blockchain and state data. Based on a diploma verification dapp use case, we share insights on the role of redundancy strategies in designing a reliable storage layer. Our proof-of-concept improves Swarm's resilience to failures by balancing repairs and storage, with a slightly added latency. 
(英) Blockchain is the driving force behind a myriad of decentralized applications (dapps) that promise to transform the Internet. The next generation Internet, or web3, introduces a "universal state layer" to store data in p2p networks. Swarm, a native layer of the Ethereum web3 stack, aims at providing redundant storage for dapp code, data, as well as, blockchain and state data. Based on a diploma verification dapp use case, we share insights on the role of redundancy strategies in designing a reliable storage layer. Our proof-of-concept improves Swarm's resilience to failures by balancing repairs and storage, with a slightly added latency.
キーワード (和) redundancy / fault-tolerance / decentralized networks / p2p networks / alpha entanglement codes / erasure codes / /  
(英) redundancy / fault-tolerance / decentralized networks / p2p networks / alpha entanglement codes / erasure codes / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 221, NS2019-112, pp. 53-58, 2019年10月.
資料番号 NS2019-112 
発行日 2019-10-03 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2019-112

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2019-10-10 - 2019-10-11 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW,IoT,エッジコンピューティング),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般 
テーマ(英) Network architecture (Overlay, P2P, Ubiquitous network, Scale-free network, Active network, NGN/NwGN, IoT, Edge computing, Next generation packet transport (High speed Ethernet, IP over WDM, Multi-service package technology, MPLS), Grid, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-10-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Building a disaster-resilient storage layer for next generation networks: The role of redundancy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) redundancy / redundancy  
キーワード(2)(和/英) fault-tolerance / fault-tolerance  
キーワード(3)(和/英) decentralized networks / decentralized networks  
キーワード(4)(和/英) p2p networks / p2p networks  
キーワード(5)(和/英) alpha entanglement codes / alpha entanglement codes  
キーワード(6)(和/英) erasure codes / erasure codes  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Vero Estrada-Galinanes / Vero Estrada-Galinanes /
第1著者 所属(和/英) University of Stavanger (略称: Univ. of Stavanger)
University of Stavanger (略称: Univ. of Stavanger)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Racin Nygaard / Racin Nygaard /
第2著者 所属(和/英) University of Stavanger (略称: Univ. of Stavanger)
University of Stavanger (略称: Univ. of Stavanger)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Viktor Tron / Viktor Tron /
第3著者 所属(和/英) Ethereum (略称: Ethereum)
Ethereum (略称: Ethereum)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Rodrigo Saramago / Rodrigo Saramago /
第4著者 所属(和/英) University of Stavanger (略称: Univ. of Stavanger)
University of Stavanger (略称: Univ. of Stavanger)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Leander Jehl / Leander Jehl /
第5著者 所属(和/英) University of Stavanger (略称: Univ. of Stavanger)
University of Stavanger (略称: Univ. of Stavanger)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Hein Meling / Hein Meling /
第6著者 所属(和/英) University of Stavanger (略称: Univ. of Stavanger)
University of Stavanger (略称: Univ. of Stavanger)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-10 15:15:00 
発表時間 45 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2019-112 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.221 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-10-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会