お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-09 14:35
超伝導量子ビットに向けたNbN/AlN/CuNi/NbN強磁性ジョセフソン接合の作製
加藤悠輝中村 颯田中雅光山下太郎藤巻 朗名大SCE2019-22
抄録 (和) 我々は、超伝導磁束量子ビットに強磁性ジョセフソン接合(π接合)を組み込むことにより、外部磁場印加が不要となる位相シフト型磁束量子ビットの開発を進めている。位相シフト型磁束量子ビットの実現には、超伝導体/絶縁体/強磁性体/超伝導体構造を有するπ接合が必要となる。今回我々は、窒化物ベースのNbN/AlN/CuNi/NbN強磁性ジョセフソン接合を作製し、様々な強磁性層(CuNi)膜厚を有する素子について電流-電圧特性の評価・解析を行うことで強磁性層膜厚に対する接合特性の依存性を調べた。 
(英) We develop the flux-bias-free phase-shift superconducting flux quantum bit (qubit) with ferromagnetic Josephson junction (π-junction). To realize the phase-shift flux qubit, π-junction consisting of superconductor/insulator/ferromagnet/superconductor structure is required. In this work, we fabricated NbN/AlN/CuNi/NbN ferromagnetic Josephson junctions with various thicknesses of the ferromagnetic CuNi layer. We measured and analyzed current-voltage characteristics of the junction, and investigated the CuNi thickness dependences of the junction characteristics.
キーワード (和) 量子ビット / 強磁性ジョセフソン接合 / π接合 / / / / /  
(英) Quantum bit / Ferromagnetic Josephson junction / π-junction / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 219, SCE2019-22, pp. 1-5, 2019年10月.
資料番号 SCE2019-22 
発行日 2019-10-02 (SCE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SCE2019-22

研究会情報
研究会 SCE  
開催期間 2019-10-09 - 2019-10-10 
開催地(和) 東北大学・電気通信研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 検出基盤技術及び応用、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SCE 
会議コード 2019-10-SCE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超伝導量子ビットに向けたNbN/AlN/CuNi/NbN強磁性ジョセフソン接合の作製 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fabrication of NbN/AlN/CuNi/NbN ferromagnetic Josephson junctions toward superconducting qubit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子ビット / Quantum bit  
キーワード(2)(和/英) 強磁性ジョセフソン接合 / Ferromagnetic Josephson junction  
キーワード(3)(和/英) π接合 / π-junction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 悠輝 / Haruki Kato / カトウ ハルキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya Univercity (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 颯 / Hayate Nakamura / ナカムラ ハヤテ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya Univercity (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 雅光 / Masamitsu Tanaka / タナカ マサミツ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya Univercity (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 太郎 / Taro Yamashita / ヤマシタ タロウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya Univercity (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤巻 朗 / Akira Fujimaki / フジマキ アキラ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya Univercity (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-09 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SCE 
資料番号 IEICE-SCE2019-22 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.219 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SCE-2019-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会