電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-04 10:15
[ポスター講演]ミリ波帯において見通し線上における障害物による遮蔽損失の解析手法と実験
杜 鑫齋藤健太郎高田潤一東工大)・中村光貴久野伸晃山田 渉NTT
抄録 (和) ミリ波帯において安定な通信システムを構築するために,障害物による電波遮蔽損失の予測手法が必要である.本研究では暗室環境における66.5 GHz 帯において長方形金属板・人形金属板の形状の異なる障害物を見通しパス上に複数の場所に置いて電波遮蔽を実測し,ナイフエッジ回折モデル(KEDM)と物理光学(PO)の予測手法について検討した.PO 法が複雑な形状を有する人形金属板による遮蔽を予測できるということを結論した. 
(英) For designing the stable communication system at future mmWave bands, the prediction method of the obstruction losses is necessary. In this research, the line-of-sight obstruction losses caused by rectangular-shape metal plane and human-shape metal plane were measured at 66.5 GHz in anechoic chamber room and the accuracy of knife-edge diffraction method (KEDM) and physical optics (PO) were valiated. It was concluded that PO can predict shadowing loss caused by human-shape metal plane with complex geometric shape.
キーワード (和) 電波伝搬 / ミリ波帯 / 遮蔽損失 / KEDM / 物理光学 / 長方形金属板 / 人形金属板 /  
(英) Radio propagation / Millimeter wave / Shadowing loss / KEDM / Physical optics / Rectangular-shape metal plane / Human-shape metal plane /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MIKA  
開催期間 2019-10-02 - 2019-10-04 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線通信システム, 一般 
テーマ(英) Wireless Communication System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MIKA 
会議コード 2019-10-MIKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波帯において見通し線上における障害物による遮蔽損失の解析手法と実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement and Prediction Models of the Line-of-sight Obstruction Losses at Millimeter Wave Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Radio propagation  
キーワード(2)(和/英) ミリ波帯 / Millimeter wave  
キーワード(3)(和/英) 遮蔽損失 / Shadowing loss  
キーワード(4)(和/英) KEDM / KEDM  
キーワード(5)(和/英) 物理光学 / Physical optics  
キーワード(6)(和/英) 長方形金属板 / Rectangular-shape metal plane  
キーワード(7)(和/英) 人形金属板 / Human-shape metal plane  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杜 鑫 / Xin Du / ト キン
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Titech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 健太郎 / Kentaro Saito / サイトウ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Titech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Titech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 光貴 / Mitsuki Nakamura / ナカムラ ミツキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT アクセスサービス研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service System Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 伸晃 / Nobuaki Kuno / クノ ノブアキ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT アクセスサービス研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service System Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 渉 / Wataru Yamada / ヤマダ ワタル
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT アクセスサービス研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service System Laboratories (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-04 10:15:00 
発表時間 50 
申込先研究会 MIKA 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会