お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-04 10:15
[ポスター講演]コヒーレントイジングマシンを用いたD2D通信のチャネル割当と送信電力の最適化
姜 雨暢伊藤大赳小林頌矢東京理科大)・武居弘樹NTT)・合原一幸東大)・長谷川幹雄東京理科大
抄録 (和) コヒーレントイジングマシン(CIM)を用いた高速な組合せ最適化手法の有効性が示されている.組合せ最適化問題の多くはイジングモデルと呼ばれる物理モデルで表現できる.CIMはこのイジングモデルを人工的に再現し,そのシステム全体の基底状態を高速に求めることが可能なマシンである.無線ネットワーク等における組合せ最適化問題をCIMによって解くアルゴリズムが提案されている.本稿では,CIMによる高速最適化を,Device-to-Device通信(D2D)におけるチャネル割当,および送信電力制御に応用する.D2Dの通信容量を最大化する組合せ最適化問題を定式化し,これをCIMで求めるために,イジングモデルにおける相互作用,および,外部磁場の大きさを導出する.コンピュータシミュレーションによる性能評価を行い,提案手法によりチャンネル割当と送信電力両方最適化を行えることを示す. 
(英) The effectiveness of a high-speed combinatorial optimization method using a coherent Ising machine (CIM) has been shown. Many combinatorial optimization problems can be expressed by physical models called Ising models. CIM is a machine that can artificially reproduce this Ising model and obtain the ground state of the system at high speed. An algorithm that solves combinatorial optimization problems in wireless networks by CIM has been proposed. In this paper, we apply high-speed optimization by CIM to channel allocation and transmission power control in Device-to-Device communication (D2D). We suggest Ising formulation that maximizes the communication capacity of D2D and determine its interaction and external magnetic field. We evaluate the performance by computer simulation and show that the proposed method can optimize both channel allocation and transmission power.
キーワード (和) D2D通信 / リソース割当 / コヒーレントイジングマシン / / / / /  
(英) D2D communication / resource allocation / Coherent Ising Machine / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MIKA  
開催期間 2019-10-02 - 2019-10-04 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線通信システム, 一般 
テーマ(英) Wireless Communication System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MIKA 
会議コード 2019-10-MIKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コヒーレントイジングマシンを用いたD2D通信のチャネル割当と送信電力の最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimization of Channel Allocation and Transmission Power for D2D Communication Using Coherent Ising Machine 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) D2D通信 / D2D communication  
キーワード(2)(和/英) リソース割当 / resource allocation  
キーワード(3)(和/英) コヒーレントイジングマシン / Coherent Ising Machine  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 姜 雨暢 / Yuchang Jiang / キョウ ウチョウ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 大赳 / Hirotake Ito / イトウ ヒロタケ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 頌矢 / Shoya Kobayashi / ショウヤ コバヤシ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 武居 弘樹 / Hiroki Takesue / タケスエ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Research Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 合原 一幸 / Kazuyuki Aihara / アイハラ カズユキ
第5著者 所属(和/英) 東京大学生産技術研究所 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 幹雄 / Mikio Hasegawa / ハセガワ ミキオ
第6著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-04 10:15:00 
発表時間 50 
申込先研究会 MIKA 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会