電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-04 10:15
[ポスター講演]Wi-Fi信号を用いた自動車・自転車・歩行者の検出手法の検討
折原 凌石田繁巳荒川 豊九大)・田頭茂明関西大)・福田 晃九大
抄録 (和) 自動車や自転車,歩行者の検出は事故防止や渋滞緩和に利用可能である.既存の手法にはカメラや LiDAR, 埋設型のコイルなどによる検出がある.しかし,これらの手法は設置や管理コストが高く,またカメラ以外では自動 車や歩行者など複数種類を区別して検出することが難しい.そこで,既設の Wi-Fi 機器を用いた見通し環境での検 出手法を提案する.送信機から発された信号は自動車や歩行者などの障害物で反射・回折するため,この信号の伝搬 チャネル情報(CSI: Channel State Information)の変化を用いて自動車や歩行者を検出する.本発表では,現在行っ ている手法・結果などを説明し,実現可能性について報告する. 
(英) The detection of cars, bicycles, and pedestrians can be used to prevent accidents and traffic congestion. Existing methods include detection using cameras, LiDAR, and embedded coils. However, these methods incur installation and management costs. In addition, it is difficult to distinguish between multiple types of vehicles as well as pedestrians using methods other than cameras. We propose in this paper a detection method for the line-of-sight environment using existing Wi-Fi devices. The signal emitted from the transmitter is reflected and diffracted by obstacles such as cars, bicycles and pedestrians. The changes in CSI (Channel State Information) of these signals are used to detect vehicles and pedestrians. In this presentation, we present the current methods and results, and report feasibility.
キーワード (和) Wi-Fi / CSI(Channel State Information) / / / / / /  
(英) Wi-Fi / CSI(Channel State Information) / / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MIKA  
開催期間 2019-10-02 - 2019-10-04 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線通信システム, 一般 
テーマ(英) Wireless Communication System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MIKA 
会議コード 2019-10-MIKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Wi-Fi信号を用いた自動車・自転車・歩行者の検出手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Considerations of car/bicycle/pedestrian detection method using Wi-Fi signal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Wi-Fi / Wi-Fi  
キーワード(2)(和/英) CSI(Channel State Information) / CSI(Channel State Information)  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 折原 凌 / Ryo Orihara / オリハラ リョウ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 繁巳 / Shigemi Ishida / イシダ シゲミ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 豊 / Yutaka Arakawa / アラカワ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田頭 茂明 / Shigeaki Tagashira / タガシラ シゲアキ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Knasai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 晃 / Akira Fukuda / フクダ アキラ
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-04 10:15:00 
発表時間 50 
申込先研究会 MIKA 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会