お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-03 14:45
[ショートペーパー]ジェスチャーパターンを用いたユーザ認証に有効な生体情報に関する一検討
泉元大貴山崎 恭北九州市大BioX2019-57
抄録 (和) スマートフォンのタッチパネルを使用した個人認証機能の一つであるパターンロックは利便性が高く,多くのユーザに利用されている.
しかし,パターンロックは覗き見や残留指紋によるパターンの推測に対して脆弱である.
そこで,利便性を維持しつつパターンロックの安全性を向上させるため,本稿ではパターンロックの機能と筆記情報に基づく生体認証の機能を組み合わせた個人認証手法についての検討を加え,特に個人の識別に有効な生体情報に関する検討を行った結果について報告する. 
(英) Pattern lock, which is one of the personal authentication methods using a touch panel of a smartphone, is convenient and is used by many users.
However, pattern lock is vulnerable to shoulder surfing and smudge attacks.
Therefore, to improve security of pattern lock on smartphones while maintaining usability, we propose a method that combines the function of pattern lock and handwritten biometrics and report on the results of studies on biometric information effective for individual identification.
キーワード (和) 個人認証 / 生体認証 / 特徴量選択 / パターンロック / スマートフォン / / /  
(英) personal authentication / biometrics / feature selection / pattern lock / smartphone / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 214, BioX2019-57, pp. 17-18, 2019年10月.
資料番号 BioX2019-57 
発行日 2019-09-26 (BioX) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード BioX2019-57

研究会情報
研究会 BioX  
開催期間 2019-10-03 - 2019-10-04 
開催地(和) 大濱信泉記念館 
開催地(英)  
テーマ(和) 個人認証と生体認証の社会実装における課題と展望 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BioX 
会議コード 2019-10-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ジェスチャーパターンを用いたユーザ認証に有効な生体情報に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on biometric information effective for user authentication using gesture pattern 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 個人認証 / personal authentication  
キーワード(2)(和/英) 生体認証 / biometrics  
キーワード(3)(和/英) 特徴量選択 / feature selection  
キーワード(4)(和/英) パターンロック / pattern lock  
キーワード(5)(和/英) スマートフォン / smartphone  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉元 大貴 / Daiki Izumoto / イズモト ダイキ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Kitakyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 恭 / Yasushi Yamazaki / ヤマザキ ヤスシ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Kitakyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-03 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BioX 
資料番号 IEICE-BioX2019-57 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.214 
ページ範囲 pp.17-18 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-BioX-2019-09-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会