電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-10-03 11:15
[ポスター講演]オーバーラップ素子を導入したMIMOレーダにおける固有ベクトルを用いた送信信号誤差補正
加藤秀崇菊間信良榊原久二男名工大
抄録 (和) 近年,自動車による自動運転や危険回避システムの実現のため,高性能なレーダの開発が急務である.送信と受信にそれぞれ複数のアンテナを用いる MIMO(Multiple-Input and Multiple-Output)レーダは,従来のレーダと比べて高精度,高分解能を有するため注目されている.しかし,同一信号切替方式を用いた MIMO レーダでは送信信号に位相誤差,振幅誤差が発生する.本研究では,MIMOの 仮想アレーの一部をオーバーラップさせ,重なった素子の受信信号を含む相関行列の固有ベクトルを利用して信号の補正 を行うことで,ターゲット方向推定の精度の向上を図る. 
(英) In recent years, development of high-performance radar is required to realize automatic driving and danger avoidance system. MIMO (Multiple-Input and Multiple-Output) radar using multiple antennas for transmitter and receiver has attracted attention because of its high accuracy and high resolution in target estimation compared with conventional radars. In the MIMO radar using the transmission antenna switching, however the phase and amplitude errors in the transmission signals may yield deterioration of the estimation accuracy of target directions. In this paper, we introduce overlapping elements in the virtual array of MIMO radar, and we improve the estimation accuracy by correcting transmission signal errors with the eigenvectors of receive correlation matrix.
キーワード (和) MIMOレーダ / 仮想アレー / オーバーラップ素子 / 同一信号切替方式 / 固有ベクトル / / /  
(英) MIMO radar / virtual array / overlapping elements / transmission antenna switching / eigenvectors / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MIKA  
開催期間 2019-10-02 - 2019-10-04 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線通信システム, 一般 
テーマ(英) Wireless Communication System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MIKA 
会議コード 2019-10-MIKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オーバーラップ素子を導入したMIMOレーダにおける固有ベクトルを用いた送信信号誤差補正 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transmission Error Correction Using Eigenvectors in MIMO Radar with Overlapping Elements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMOレーダ / MIMO radar  
キーワード(2)(和/英) 仮想アレー / virtual array  
キーワード(3)(和/英) オーバーラップ素子 / overlapping elements  
キーワード(4)(和/英) 同一信号切替方式 / transmission antenna switching  
キーワード(5)(和/英) 固有ベクトル / eigenvectors  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 秀崇 / Hidetaka Kato / カトウ ヒデタカ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊間 信良 / Nobuyoshi Kikuma / キクマ ノブヨシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 久二男 / Kunio Sakakibara / サカキバラ クニオ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-10-03 11:15:00 
発表時間 50 
申込先研究会 MIKA 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会