お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-29 13:05
[招待講演]人工知能と芸術
迎山和司公立はこだて未来大TL2019-37
抄録 (和) 絵から意味を理解して補完することができるのはヒトだけである.ヒトがヒトである特徴は言語を使えることある.とりわけ,事物を単純化して記憶し,記号的な絵を描けるのはヒトだけである.そして,それは文字の発明へとつながる.したがって,記号的な絵をコンピュータで扱えるようにすれば,絵画の根源を理解できるようになるのではないかと考えた.その結果として本研究では,すくなくとも絵画の特性の一部を得ることができた.今後は物語を表した絵つまりマンガをコンピュータによって分析する.分析の結果から,特性や法則を見出して自律的に生成できるようになれば,絵画の起原をより深く理解できるかもしれない. 
(英) Only humans can understand and complement the meaning from the picture. One characteristic of human beings is that they can use language. In particular, only humans can simplify things and remember and draw symbolic pictures. And that leads to the invention of letters.Therefore, handling symbolic pictures on a computer helps to understand the roots of painting. As a result, this study has obtained some of the characteristics of paintings. In the future, I will analyze the picture that represents the story, that is, manga, with a computer. If the results of the analysis enable you to discover characteristics and laws and generate them autonomously, you may be able to understand the origin of painting more deeply.
キーワード (和) 人工知能 / 芸術 / 絵画 / 記号 / / / /  
(英) Artificial Intelligence / Art / Painting / Symbols / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 213, TL2019-37, pp. 1-4, 2019年9月.
資料番号 TL2019-37 
発行日 2019-09-22 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2019-37

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2019-09-29 - 2019-09-29 
開催地(和) 独立行政法人国立高等専門学校機構 函館工業高等専門学校 
開催地(英) National Institute of Technology, Hakodate College 
テーマ(和) テーマ(1):芸術と言語 テーマ (2):場の言語学・意味の創発・場の共創 テーマ(3):思考と言語一般 
テーマ(英) Theme 1 Arts and Language, Theme 2 Ba linguistics, Abduction of meaning, "Ba" in Co-Creation, Abduction and Innovation, Theme 3 Language and Thought 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2019-09-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人工知能と芸術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) AI and Art 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人工知能 / Artificial Intelligence  
キーワード(2)(和/英) 芸術 / Art  
キーワード(3)(和/英) 絵画 / Painting  
キーワード(4)(和/英) 記号 / Symbols  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 迎山 和司 / Kazushi Mukaiyama / ムカイヤマ カズシ
第1著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: FUN)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-29 13:05:00 
発表時間 60 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2019-37 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.213 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-TL-2019-09-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会