電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-27 10:35
利用規約中の不公平文の自動検出
青山恵子小川泰弘駒水孝裕外山勝彦名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) サービスの利用規約は条項が多く,読むのに時間がかかるため,ユーザに読み飛ばされる傾向にあることが知られている.しかし,その中には注意が必要な条項が含まれる場合があり,それに気づかずにサービスを利用しているとトラブルに発展することがある.そこで,利用規約から不公平文を自動検出するシステムを検討した.先行研究では,英語利用規約に対してSVMを用いた手法が高い性能を示している.本稿では,日本語利用規約に対してSVMを用いた既存手法とランダムフォレストを用いた手法を比較した.その結果,日本語利用規約において既存手法の性能が低下した.このことから,そこに日本語利用規約特有の問題があることを示す.また,既存手法とランダムフォレストを用いる手法が異なる分類傾向を示すことから,アンサンブル手法が有効である可能性を示す. 
(英) Many users skip the terms of service (ToS) since they have many sentences and take time to read. However, they may include some sentences that require attention. If users use the service without knowing them, they may get into trouble. Therefore, we examine a system that automatically detects unfair sentences from the ToS, and compare the SVM system that showed high performance in the English ToS with a random forest (RF) system. As a result of the experiment, we show the performance of the existing SVM system deteriorated for the Japanese ToS and there is a problem peculiar to the Japanese ToS. In addition, since the SVM method and the RF method show different classification tendencies, we show the possibility of their ensemble method.
キーワード (和) 自然言語処理 / 利用規約 / 自動検出 / 不均衡データ / / / /  
(英) Natural Language Processing / Terms of Service / Automatic Detection / Imbalanced Data / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 212, NLC2019-8, pp. 1-6, 2019年9月.
資料番号 NLC2019-8 
発行日 2019-09-20 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-DC  
開催期間 2019-09-27 - 2019-09-28 
開催地(和) フューチャー株式会社 
開催地(英) Future Corporation 
テーマ(和) 第15回 テキストアナリティクス・シンポジウム 
テーマ(英) The Thirteenth Text Analytics Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2019-09-NLC-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 利用規約中の不公平文の自動検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Detection of Unfair Sentences in Terms of Service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自然言語処理 / Natural Language Processing  
キーワード(2)(和/英) 利用規約 / Terms of Service  
キーワード(3)(和/英) 自動検出 / Automatic Detection  
キーワード(4)(和/英) 不均衡データ / Imbalanced Data  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 恵子 / Keiko Aoyama / アオヤマ ケイコ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 泰弘 / Yasuhiro Ogawa / オガワ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 駒水 孝裕 / Takahiro Komamizu / コマミズ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 外山 勝彦 / Katsuhiko Toyama / トヤマ カツヒコ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-27 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2019-8 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.212 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2019-09-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会