電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-27 11:00
学術文献からの無機材料合成プロセス抽出のためのグラフ表現
國吉房貴小澤 順産総研/パナソニック)・藤井幹也森川幸治中田 透田中武拓井垣恵美子日比野純一清野正樹パナソニック)・三輪 誠産総研/豊田工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,学術文献からの無機材料合成プロセス抽出のために,無機材料合成プロセスをグラフ形式で表現する方法について述べる. 我々は,文献中の実験について記載されたテキストに対して合成プロセスのアノテーションを実施し,243件の合成プロセスコーパスを作成した. さらに,作成したコーパスに既存の固有表現抽出器を適用し評価した. また,材料ドメインの単語埋め込みと文字レベルの単語埋め込みを組み合わせた固有表現抽出モデルの結果について考察する. 
(英) We describe a method of representing material synthesis process in a graph format. By using the graph format, we construct annotated corpus including 243 synthesis sections of scientific papers on synthesis process. Furthermore, we apply a Named Entity Recognizer (NER) to the corpus, and report the extraction results of a model that stackes material domain word embedding and character level word embedding.
キーワード (和) マテリアルズ・インフォマティクス / 合成プロセス抽出 / / / / / /  
(英) Materials Informatics / Synthesis Process Extraction / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 212, NLC2019-9, pp. 7-12, 2019年9月.
資料番号 NLC2019-9 
発行日 2019-09-20 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLC IPSJ-DC  
開催期間 2019-09-27 - 2019-09-28 
開催地(和) フューチャー株式会社 
開催地(英) Future Corporation 
テーマ(和) 第15回 テキストアナリティクス・シンポジウム 
テーマ(英) The Thirteenth Text Analytics Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2019-09-NLC-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 学術文献からの無機材料合成プロセス抽出のためのグラフ表現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Graph Representation for Synthesis Process Extraction from Inorganic Material Literature 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マテリアルズ・インフォマティクス / Materials Informatics  
キーワード(2)(和/英) 合成プロセス抽出 / Synthesis Process Extraction  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 國吉 房貴 / Fusataka Kuniyoshi / クニヨシ フサタカ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所/パナソニック株式会社 (略称: 産総研/パナソニック)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology/Panasonic Corporation (略称: AIST/Panasonic Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 順 / Jun Ozawa / オザワ ジュン
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所/パナソニック株式会社 (略称: 産総研/パナソニック)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology/Panasonic Corporation (略称: AIST/Panasonic Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 幹也 / Mikiya Fujii / フジイ ミキヤ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森川 幸治 / Koji Morikawa / モリカワ コウジ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 透 / Toru Nakata / ナカタ トオル
第5著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 武拓 / Takehiro Tanaka / タナカ タケヒロ
第6著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 井垣 恵美子 / Emiko Igaki / イガキ エミコ
第7著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 日比野 純一 / Junichi Hibino / ヒビノ ジュンイチ
第8著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 清野 正樹 / Masaki Kiyono / キヨノ マサキ
第9著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic Corp.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 三輪 誠 / Makoto Miwa / ミワ マコト
第10著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所/豊田工業大学 (略称: 産総研/豊田工大)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology/Toyota Technological Institute (略称: AIST/TTI)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-27 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2019-9 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.212 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2019-09-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会