電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-23 09:00
疾病下での概日活動におけるカオス挙動制御の検討
道法浩孝高知大/兵庫県立大)・信川 創千葉工大)・西村治彦兵庫県立大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 躁状態とうつ状態の病相が循環する双極性障害は,長期に渡って再発を繰り返す精神疾患の一つであり,高い罹患率と死亡率から効果的な治療法の構築が望まれている.しかし,現在用いられている気分安定薬を中心とした薬物療法では,個人毎の病態の多様性と治療経過の大きな変動への対応が困難である場合が多い.一方近年,非線形制御理論を薬物療法に応用する取組みが始まっている.本研究では,そのような試みの一つとして双極性障害で見られる前頭野の神経活動のカオス-カオス間欠性を,我々がこれまでに提案した 軌道領域減少法と呼ばれるカオス制御法によって抑制するフィードバック信号の提案を行う. 
(英) Bipolar disorder, in which states of mania and depression circulate, is a mental illness that recurs over a long term. The construction of an effective treatment is desired because of the high morbidity and mortality rates. However, pharmacotherapy centered on currently used mood stabilizers often makes it difficult to cope with the diversity of individual pathologies and large changes in the treatment progress. While, applications of nonlinear control theory to pharmacotherapy have recently been studied. In this study, as one of these applications, we propose a feedback signal that suppresses the chaotic-chaotic intermittency of neural activity in the frontal cortex observed in bipolar disorder by our proposed chaotic control method called the “reduced region of orbit method”.
キーワード (和) カオス / カオス-カオス間欠性 / 軌道領域減少法 / 概日リズム / / / /  
(英) Chaos / chaos-chaos intermittency / reduced region of orbit method / circadian rhythm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 209, NLP2019-34, pp. 1-4, 2019年9月.
資料番号 NLP2019-34 
発行日 2019-09-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2019-09-23 - 2019-09-24 
開催地(和) 高知県立大学 永国寺キャンパス 
開催地(英) Eikokuji Campus, University of Kochi 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2019-09-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 疾病下での概日活動におけるカオス挙動制御の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Controlling Chaotic Behaviors in Circadian Activities with Diseases 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス / Chaos  
キーワード(2)(和/英) カオス-カオス間欠性 / chaos-chaos intermittency  
キーワード(3)(和/英) 軌道領域減少法 / reduced region of orbit method  
キーワード(4)(和/英) 概日リズム / circadian rhythm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 道法 浩孝 / Hirotaka Doho / ドウホウ ヒ ロタカ
第1著者 所属(和/英) 高知大学/兵庫県立大学 (略称: 高知大/兵庫県立大)
Kochi University/University of Hyogo (略称: Kochi Univ./Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 信川 創 / Nobukawa Sou / ノブカワ ソウ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 治彦 / Nishimura Haruhiko / ニシムラ ハルヒコ
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-23 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2019-34 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.209 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2019-09-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会