電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-20 14:35
[招待講演]50kg級超小型深宇宙探査機「PROCYON」搭載GaN高出力アンプ
小林雄太JAXA)・吉田賢史鹿児島大)・川﨑繁男JAXAMW2019-61
抄録 (和) 近年,超小型衛星の地球周回軌道での活躍は目覚ましいが,東京大学とJAXA/ISASが共同で開発し,2014年12月3日にはやぶさ2の相乗り副探査機として打ち上げられたPROCYONが世界初の本格的な50 kg級超小型深宇宙探査機である.200万km以遠の超遠距離となる深宇宙通信では,地球に電波を届けるために大電力送信機能を有することが探査機の規模に関わらず課せられる.しかし,50 kg級のPROCYONでは,サイズ,質量,発生電力,放熱能力,開発コスト等の制約から,大型探査機で実績のある大電力増幅器等は適用できない.そこで,窒化ガリウム(GaN)を用いた15 W級の高効率固体電力増幅器(SSPA)の新規開発をはじめとした積極的な民生部品の活用,小型軽量化に最適な技術の導入等によって,超小型軽量なX帯深宇宙通信システムを完成させた.これによって,大型探査機同様の深宇宙地上局との間での通信・測距に,50 kg級の探査機として,世界で初めて成功した.本稿では,機器開発や軌道上での実証結果に関して,その詳細を報告する. 
(英) Recently, a lot of nano- or micro-satellites have been developed and utilized for various low-earth-orbit missions. PROCYON (Proximate Object Close Flyby with Optical Navigation) was the first full-scale, 50-kg-class, deep-space probe jointly developed by the University of Tokyo and the ISAS/JAXA. It was launched by H-IIA launch vehicle No. 26 as a secondary payload of the asteroid explorer Hayabusa 2 on December 3, 2014. One of the most significant technologies for realizing ultra-small deep-space probes is to achieve ultra-long-distance telecommunications. Since ultra-small probes cannot adopt telecommunication components designed for larger probes due to physical dimension, total weight, power consumption, thermal design, and production cost, a low-cost miniaturized X-band telecommunication system had to be newly developed. Especially a high-efficiency onboard high-power amplifier is of great importance to achieve high equivalent isotopically radiated power, and thus we adopted GaN and a lot of commercially-off-the shelf products. We introduce development and flight demonstration results of the fabricated amplifier and the other telecommunication components for PROCYON mission.
キーワード (和) PROCYON / 超小型深宇宙探査機 / GaN / X帯 / 高出力増幅器 / 高効率 / /  
(英) PROCYON / Ultra-small deep-space probe / GaN / X-band / High-power amplifier / High-efficiency / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 204, MW2019-61, pp. 35-35, 2019年9月.
資料番号 MW2019-61 
発行日 2019-09-12 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2019-61

研究会情報
研究会 MW AP  
開催期間 2019-09-19 - 2019-09-20 
開催地(和) JAXA (相模原) 
開催地(英) JAXA (Sagamihara) 
テーマ(和) マイクロ波ミリ波/一般 
テーマ(英) Microwave, Millimeter wave, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2019-09-MW-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 50kg級超小型深宇宙探査機「PROCYON」搭載GaN高出力アンプ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Onboard GaN high-power amplifier for 50-kg-class ultra-small deep-space probe "PROCYON" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PROCYON / PROCYON  
キーワード(2)(和/英) 超小型深宇宙探査機 / Ultra-small deep-space probe  
キーワード(3)(和/英) GaN / GaN  
キーワード(4)(和/英) X帯 / X-band  
キーワード(5)(和/英) 高出力増幅器 / High-power amplifier  
キーワード(6)(和/英) 高効率 / High-efficiency  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 雄太 / Yuta Kobayashi / コバヤシ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 賢史 / Satoshi Yoshida / ヨシダ サトシ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川﨑 繁男 / Shigeo Kawasaki / カワサキ シゲオ
第3著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-20 14:35:00 
発表時間 50 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2019-61 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 p.35 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-MW-2019-09-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会