電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-06 10:50
VHF帯の周波数資源有効活用によるIoT向け時刻同期・測位システムの提案
森田崇文中尾彰宏東大NS2019-97
抄録 (和) Internet of Things (IoT)では膨大な数のセンサーがネットワークに接続され常時データを発信する。その測定データには「時刻」と「場所」が重要である。また、「時刻同期」を利用してデータ発信のタイミングを大規模に最適化し無線周波数の効率的な利用するプロトコルが開発されつつある。このように、センサーにおける低消費電力の「時刻同期」と「測位」は基本的な最重要な技術であるが、従来は屋外でのGPS利用や、利用場所が限定的なWiFi測位など、広範囲かつ屋内と屋外を問わず利用可能な時刻同期・測位技術はほとんどない。そこで本研究では、IoT向け時刻同期・測位システムの確立を目的とし、VHF帯の周波数資源を有効活用した測位システムとして、GPS信号のVHF帯利用を提案する。ソフトウェア無線(SDR: Software Defined Radio)を用いて、中心周波数がL1帯(1.57542GHz)であるGPS信号をダウン・コンバートしてVHF帯で利用し、広域で屋内外で時刻同期・測位可能なシステムの基本動作を確認し、将来のシステムの実現性の評価(Feasibility Study)を行う。 
(英) In Internet of Things (IoT), a huge number of sensors are connected to the network and transmit data constantly.
Time and location are important for the measurement data.
In addition, the protocols for efficient utilization of radio frequencies are being developed recently by optimizing data transmission timing on a large scale using time synchronization.
Thus, time synchronization and geolocation with marginal power consumption are the fundamental and most important technologies for remote sensing.
The conventional technologies including GPS in the outdoors and WiFi positioning achieve these goals to a limited extent, but there are few methods that can be used both indoors and outdoors in a wide area.
In this study, we propose the use of GPS protocol in the VHF band in order to establish time synchronization and positioning system for IoT. Using Software Defined Radio (SDR), the GPS signals with center frequency at L1 band (1.57542GHz) are down-converted to the VHF band. We posit that our proposed positioning system is available both indoors and outdoors in a wide area. This paper reports our preliminary evaluation of the prototype system
and conducts a feasibility study of the future system.
キーワード (和) IoT向け放送システム / 時刻同期 / 測位 / GPS / ソフトウェア無線 / / /  
(英) IoT broadcast system / Time Synchronization / Geolocation / GPS / Software Defined Radio / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 194, NS2019-97, pp. 47-52, 2019年9月.
資料番号 NS2019-97 
発行日 2019-08-29 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2019-97

研究会情報
研究会 NS IN CS NV  
開催期間 2019-09-05 - 2019-09-06 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku Univ. 
テーマ(和) セッション管理(SIP・IMS),相互接続技術/標準化,次世代・新世代・将来ネットワーク,クラウド/データセンタネットワーク,SDN(OpenFlow等)・NFV,IPv6,機械学習のネットワーク適用,一般
注:NV研究会は発表申込み締切日が異なります。NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Session management (SIP/IMS), Interoperability/Standardization, NGN/NwGN/Future networks, Cloud/Data center networks, SDN (OpenFlow, etc.)/NFV, IPv6, Machine learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2019-09-NS-IN-CS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VHF帯の周波数資源有効活用によるIoT向け時刻同期・測位システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Geolocation and Time Synchronization System for IoT Effectively Utilizing the VHF band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT向け放送システム / IoT broadcast system  
キーワード(2)(和/英) 時刻同期 / Time Synchronization  
キーワード(3)(和/英) 測位 / Geolocation  
キーワード(4)(和/英) GPS / GPS  
キーワード(5)(和/英) ソフトウェア無線 / Software Defined Radio  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 崇文 / Takafumi Morita / モリタ タカフミ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-06 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2019-97 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.194 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2019-08-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会