お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-06 09:50
一般通話の待時を考慮した非常時回線留保制御による閾値設定手法
川合健太工学院大)・山岡克式東工大)・馬場健一工学院大IN2019-26
抄録 (和) 地震や火災などの非常時では,被災地もしくは現場周辺への安否確認の通話,被災地からの安否報告や,警察や消防などへの緊急通報等により,大量の呼が発生する.これにより現地の回線交換網において輻輳が発生し,接続が困難になる問題がある.輻輳対策として,回線交換網の一部を優先通話専用として留保する回線留保制御が存在するが,優先通話を呼損させないように多くの一般通話を収容するためには適切に留保回線数を設定する必要がある.一般通話の待時を考慮した先行研究では,一般通話を待時呼として扱い,一般通話の呼損率を低減させたが,待時キューを持つにもかかわらず,待時を考慮しない即時式の回線交換網で使われていた閾値設定を利用した.そこで本稿では,一般通話の待時を考慮した回線留保制御において,待ち行列理論を用いた数値解析により,最低限優先通話が収容可能な閾値を求めている.既存手法との比較により,優先通話における呼損率を許容値以下に保ちつつ,提案方式により設定された閾値の有効性を明らかにした. 
(英) A huge number of calls will be generated in an emergency such as an earthquake or a fire. As a result, congestion occurs making it difficult to connect. As countermeasures against congestion, there is a trunk reservation control that, but in order to accommodate many general calls so that emergency calls are not lost, the number of reserved trunk is set appropriately. There is a need to. In previous studies that considered the waiting time for general calls, the general call was treated as a waiting call and the call blocking probability of general calls was reduced. We used the threshold setting used in the local telephone network. However, if there is a waiting queue and the call volume is very large, general calls are always assigned to the line from the waiting queue, which is different from the threshold setting method for an immediate local telephone network that does not consider waiting. Conceivable. Therefore, in this paper, the threshold that can accommodate the minimum emergency call was obtained by numerical analysis using queuing theory in trunk reservation control considering the waiting time of general calls. In comparison with the existing method, the effectiveness of the threshold set by the proposed method was clarified while keeping the call blocking probability in the emergency call below the required value.
キーワード (和) 災害時優先通話 / 一般通話収容 / 輻輳制御 / 回線留保制御 / 待時キュー / 呼損率 / 待ち行列理論 /  
(英) Emergency call / Trunk reservation control / Waiting queue / Call blocking probability / Queueing theory / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 195, IN2019-26, pp. 17-22, 2019年9月.
資料番号 IN2019-26 
発行日 2019-08-29 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2019-26

研究会情報
研究会 NS IN CS NV  
開催期間 2019-09-05 - 2019-09-06 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku Univ. 
テーマ(和) セッション管理(SIP・IMS),相互接続技術/標準化,次世代・新世代・将来ネットワーク,クラウド/データセンタネットワーク,SDN(OpenFlow等)・NFV,IPv6,機械学習のネットワーク適用,一般
注:NV研究会は発表申込み締切日が異なります。NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Session management (SIP/IMS), Interoperability/Standardization, NGN/NwGN/Future networks, Cloud/Data center networks, SDN (OpenFlow, etc.)/NFV, IPv6, Machine learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2019-09-NS-IN-CS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 一般通話の待時を考慮した非常時回線留保制御による閾値設定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Threshold Setting Method considering General calls with Waiting Queue under Emergency Trunk Reservation Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 災害時優先通話 / Emergency call  
キーワード(2)(和/英) 一般通話収容 / Trunk reservation control  
キーワード(3)(和/英) 輻輳制御 / Waiting queue  
キーワード(4)(和/英) 回線留保制御 / Call blocking probability  
キーワード(5)(和/英) 待時キュー / Queueing theory  
キーワード(6)(和/英) 呼損率 /  
キーワード(7)(和/英) 待ち行列理論 /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川合 健太 / Kenta Kawai / カワイ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 健一 / Ken-ichi Baba / ババ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-06 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2019-26 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.195 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2019-08-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会