電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-06 13:30
複数の観測情報を用いた機器同定精度の向上
今村裕輝阪市大)・中村信之八百健嗣OKI)・阿多信吾岡 育生阪市大IN2019-28
抄録 (和) 近年の IoT 機器の普及により,通信機器のセキュリティがますます重要となっている.これら機器に対するセキュリティリスクを未然に軽減させるには,管理者がネットワークに接続されたこれらの機器をより詳細に把握し,状態監視を行うことが有効であると考えられる.このため,通信機器の同定技術に関する研究が行われている.これまでに,ポート番号情報を用いる手法や通信トラヒックの統計情報を用いる手法,ペイロードを用いる手法などが存在するが,個別の手法を用いるだけでは同定精度に限界がある.本稿では,このような複数の異なる手法を用いて同定された結果を結合し,同定精度を向上させる新たな手法を提案する. 
(英) With recent development in communication technology, security in communication devices especially in IoT devices becomes a serious issue. To reduce risks of security in such devices, it is important to identify detailed information of devices by network administrator to be used for effective monitoring and control in the network. Recent studies on device identification are mostly based on port numbers, traffic patterns, and/or analysis of payloads, however, individual identification method has a limitation of accuracy. In this paper, we propose a method to improve the overall accuracy of device identification, by using a combination of results from multiple identification methods.
キーワード (和) 機器同定 / クラスタリング / 複数情報 / 類似度 / IoT / / /  
(英) Device Identification / Clustering / Multiple Information / Similarity / IoT / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 195, IN2019-28, pp. 29-34, 2019年9月.
資料番号 IN2019-28 
発行日 2019-08-29 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2019-28

研究会情報
研究会 NS IN CS NV  
開催期間 2019-09-05 - 2019-09-06 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Research Institute of Electrical Communication, Tohoku Univ. 
テーマ(和) セッション管理(SIP・IMS),相互接続技術/標準化,次世代・新世代・将来ネットワーク,クラウド/データセンタネットワーク,SDN(OpenFlow等)・NFV,IPv6,機械学習のネットワーク適用,一般
注:NV研究会は発表申込み締切日が異なります。NV研究会への発表申込はこちらからお願いします。 
テーマ(英) Session management (SIP/IMS), Interoperability/Standardization, NGN/NwGN/Future networks, Cloud/Data center networks, SDN (OpenFlow, etc.)/NFV, IPv6, Machine learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2019-09-NS-IN-CS-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数の観測情報を用いた機器同定精度の向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Device Identification by using Multiple Monitoring Methods 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機器同定 / Device Identification  
キーワード(2)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(3)(和/英) 複数情報 / Multiple Information  
キーワード(4)(和/英) 類似度 / Similarity  
キーワード(5)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 裕輝 / Yuki Imamura / イマムラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 信之 / Nobuyuki Nakamura /
第2著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: OKI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 八百 健嗣 / Taketsugu Yao /
第3著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: OKI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿多 信吾 / Shingo Ata /
第4著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 育生 / Ikuo Oka /
第5著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-06 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2019-28 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.195 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2019-08-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会