電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-05 14:30
Linux kernelにおけるStorm controlの応用と評価
椎葉瑠星慶大)・中村 遼空閑洋平東大)・鈴木茂哉慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Linuxは汎用のオペレーティングシステム(OS)としてだけではなく,
ネットワーク間の接続を行うスイッチやルータのOSとしても
活用されるようになった.
近年では,データセンターのTop of Rack(ToR)スイッチのOSにLinuxを使用する
ケースが増えている。
加えて、大学のキャンパスネットワークにおけるアクセス・ディストリビューションスイッチ
のOSにLinuxを利用することも検討されている。
しかし,キャンパスネットワークはデータセンター内のネットワーク環境下と異なり,
ユーザー間の分離が十分にできていない.
その上,信頼できないエンドホストが多数存在する可能性がある.
このようなエッジのユーザー収容のためのネットワーク環境下において,
LinuxをスイッチのOSとして使用するために,
既存のネットワークスタックの拡張や機能の追加が必要とされている.
本研究では,Linuxを用いたスイッチがレイヤー2ネットワークで生じた
ループを制御できるように,
Storm controlをKernel moduleとして実装した.
これによって,Linuxを用いたスイッチが
LAN内で生じたループを他のLANに流すことなく,
制御できるようになる. 
(英) Linux is not only used for a general-purpose operating system(OS),
but also comes to be used for an OS for switches and routers that connect between networks.
In recent years, Linux has been used for the OS of data center Top of Rack(ToR) switches.
In addition, Network operators also have thought about a use case of Linux as an access and distribution switch in university campus networks.
However, unlike the environment in data centers, there is not enough separation between users in a campus network.
Moreover, there are many untrusted end hosts in the environment.
Therefore, in order to use Linux as the switch OS in such an environment,
there is a need to expand existing network stacks and implement additional functions.
In our research, we implemented Storm control, which is one of the loop control methods, as a kernel module.
By inserting this module in a kernel, a switch using Linux can
control a loop without flowing to another LAN.
キーワード (和) ネットワーク / ストームコントロール / Linux Kernel / Linux networking / / / /  
(英) network / Storm control / Linux Kernel / Linux networking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 197, IA2019-11, pp. 7-10, 2019年9月.
資料番号 IA2019-11 
発行日 2019-08-29 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2019-09-05 - 2019-09-06 
開催地(和) 北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 1階 W102 
開催地(英) Hokkaido Univ. Humanities and Social Sciences Classroom Bldg, W102 
テーマ(和) インターネット運用・管理、一般 (JANOG協催) 
テーマ(英) Internet Operation and Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2019-09-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Linux kernelにおけるStorm controlの応用と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Applying Storm control to Linux kernel and the performance evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワーク / network  
キーワード(2)(和/英) ストームコントロール / Storm control  
キーワード(3)(和/英) Linux Kernel / Linux Kernel  
キーワード(4)(和/英) Linux networking / Linux networking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 椎葉 瑠星 / Ryusei Shiiba / シイバ リュウセイ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 遼 / Ryo Nakamura / ナカムラ リョウ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 空閑 洋平 / Yohei Kuga / クガ ヨウヘイ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 茂哉 / Shigeya Suzuki / スズキ シゲヤ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-05 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2019-11 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.197 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IA-2019-08-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会