電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-05 10:40
[ポスター講演]実環境の背景トラヒックを想定した無線LANにおけるQoEに基づくSVCを用いたマルチキャスト伝送速度制御
飯田浩史設樂 勇進藤卓也平栗健史日本工大
抄録 (和) 無線 LAN におけるマルチキャスト映像配信は複数の端末に対して同時に映像を送信するため,各端末が受信する伝送レートは同一になる.しかし,端末が受信可能な伝送レートは基地局との距離や伝搬環境によって異なり,従来マルチキャストでは全ての端末に適した伝送速度での配信ができないという課題がある.先行研究では課題を解決するために,SVC(Scalable Video Coding)符号化を用いた QoE(Quality of Experience)指標に基づく伝送レート制御を提案した.提案方式は SVC によって映像情報を複数のレイヤに分割し,レイヤごとに QoE のMOS(Mean Opinion Score)に応じた伝送レートを割り当てることで,マルチキャスト端末と基地局の距離に応じた映像品質を提供する.本稿では,実環境におけるトラフィックの変動を想定した環境下において提案方式を評価する.その際トラヒック量の変化によって MOS の大幅な変動が生じたため,提案方式に MOS を安定化させる制御を加えた改良方式を提案し,再度評価を行った. 
(英) Multicast video distribution in wireless LANs transmits video to multiple stations (STA) simultaneously, so that the transmission rate received by each STA is the same. However, the transmission rate which the STA can receive is different by distance with the access point and propagation environment, there is a problem that the conventional multicast cannot deliver at the transmission rate suitable for all STAs. we proposed a transmission rate control scheme based on Quality of Experience (QoE) index using Scalable Video Coding (SVC) coding. The
proposed scheme divides video information into multiple layers by SVC, and allocates transmission rate corresponding to Mean Opinion Score (MOS) of QoE for each layer, to provide video quality corresponding to the distance between multicast STA and access point. In this paper, we evaluate the proposed scheme under the condition of traffic fluctuation in real environment. Since the drastic fluctuation of MOS occurred by the change of the traffic quantity,the improvement scheme which added the control which stabilized MOS to the proposal scheme wasproposed, and the evaluation was carried out again.
キーワード (和) 無線LAN / マルチキャスト / QoE / / / / /  
(英) wireless LAN / multicast / QoE / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-09-04 - 2019-09-05 
開催地(和) 大学セミナーハウス 
開催地(英) Inter-University Seminar House 
テーマ(和) 第3回コミュニケーションクオリティ (CQ) 学生ワークショップ 
テーマ(英) The 3rd Communication Quality Student Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-09-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実環境の背景トラヒックを想定した無線LANにおけるQoEに基づくSVCを用いたマルチキャスト伝送速度制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on QoE Based Multicast Transmission Rate Control using SVC in Wireless LAN In background traffic of real environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) マルチキャスト / multicast  
キーワード(3)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 浩史 / Hirofumi Iida / イイダ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 設樂 勇 / Isamu Shitara / シタラ イサム
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 進藤 卓也 / Takuya Shindo / シンドウ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平栗 健史 / Takefumi Hiraguri / ヒラグリ タケフミ
第4著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-05 10:40:00 
発表時間 60 
申込先研究会 CQ 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会