電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-05 12:50
[ポスター講演]階層形車車間通信における車両参加時の通信特性評価
中村光宏早大)・山崎 託芝浦工大)・山本 嶺電通大)・三好 匠芝浦工大)・田中良明早大
抄録 (和) 自動運転技術の発達に伴い,その普及段階においては手動運転車両と自動運転車両が混在する環境が想定される.このような環境において車両間で効果的な情報共有を実現するため,著者らは車両の運転支援レベルに応じた階層構造に基づき共有情報を決定する階層形車車間通信を検討している.本手法では,自動運転車両が後方に位置する最短ホップ数かつ最も距離が近い自動運転車両間でのみ経路構築を行うことで,経路集約及び情報配信経路の効率化を実現し,不要な通信を抑制している.しかし,経路集約によって配信経路が限定されることから,車両合流時などに情報を共有したい車両と適切に通信できない可能性や,情報を共有するまでの遅延が増加する可能性がある.本発表では,車両参加時の性能評価を行い,経路集約が参加時の情報配信に与える影響を確認する. 
(英) As the development of autonomous driving technologies, manual and autonomous driving car may coexist in the popularization stage. We have been studying an information sharing system, which hierarchizes vehicles and shares information based on the driving support level, for vehicular ad hoc network to realize effective information sharing among vehicles in such an environment. In the proposed method, each autonomous car only establishes a route with another autonomous car which is driving behind the originating car with the least geographical distance and hop counts for the reduction of excess packet transmission and route aggregation. However, the aforementioned procedure may cause an isolation from an existing network or delay increase for merging traffic since vehicles must collect and share the route information in advance of communication. In this presentation, we characterize the proposed method with merging traffic to clarify the impact of route aggregation to the sharing performance.
キーワード (和) 車車間通信 / 階層形 / 自動運転車両 / / / / /  
(英) Vehicular ad hoc network / Hierarchical information sharing / Autonomous driving car / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-09-04 - 2019-09-05 
開催地(和) 大学セミナーハウス 
開催地(英) Inter-University Seminar House 
テーマ(和) 第3回コミュニケーションクオリティ (CQ) 学生ワークショップ 
テーマ(英) The 3rd Communication Quality Student Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-09-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 階層形車車間通信における車両参加時の通信特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Characterization of Hierarchical VANET Communication on Merging Traffic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車車間通信 / Vehicular ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) 階層形 / Hierarchical information sharing  
キーワード(3)(和/英) 自動運転車両 / Autonomous driving car  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 光宏 / Mitsuhiro Nakamura / ナカムラ ミツヒロ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda Univercity (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 託 / Taku Yamazaki / ヤマザキ タク
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第4著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-05 12:50:00 
発表時間 60 
申込先研究会 CQ 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会