電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-09-04 15:00
[ポスター講演]自律移動Access Point最適配置のためのQoE関数の推定
林 佑紀早大)・矢守恭子朝日大)・田中良明早大
抄録 (和) 無線LANは広く普及したが,その結果,通信品質を満たすのは難しく,多くの課題がある.無線LANでは物理層においてマルチレートがサポートされており,あるフレームを送信する際に使用する伝送レートは,送受信局間の伝送品質に応じてダイナミックに決定される.伝送レートの決定はレートスイッチングアルゴリズムにより行われる.伝送品質が良好である場合には高い伝送レートを使用し,伝送品質が劣悪である場合には低い伝送レートを使用することで持続性を維持する.よってPerformance Anomalyが生じる.著者らはこの問題を解決するためにAccess Point(AP)をユーザの重心に移動する手法を提案した.結果,システムスループットを最大で20%程度向上できることを示した.しかしながら,ユーザ体感品質であるQoE(Quality of Experience)がどれほど向上するかは明らかにされていない.そこで,本発表では携帯端末での動画視聴やダウンロードを想定した主観評価実験を行い,通信品質とQoEの関係を示す.そして,アプリケーションを考慮したシミュレーションを行い,QoEの視点からAPを移動させた場合の効果を示す. 
(英) Wireless LAN service becomes popular. However, expansion of the service area and rapid increase in users significantly deteriorated wireless LAN quality. In particular, Access Points (APs) were placed randomly without being optimized. IEEE 802.11 based WLAN systems have a multi-rate mechanism in physical layer, where the transmission rate that sends each frame is dynamically determined by the transmission quality between the transmitting mobile stations and receiving mobile stations. In that case, a station selects the transmission rate to be used for each frame transmission by the rate switching algorithm. Sustainability is maintained by using a higher transmission rate when the signal rate condition is good, otherwise using a lower transmission rate. This mechanism causes performance anomaly problem. In order to solve this problem, the authors have proposed an autonomous moving access point (AP) that moved to the user’s center of gravity. It showed that the system throughput increased up to about 20%. However, it is not clear that how much quality of experience (QoE) increased. In this paper, the relation between QoE and QoS is clarified by subjective evaluation experiment, and it show how much QoE improves when AP is moved to the center of gravity.
キーワード (和) 無線LAN / マルチレート / レートスイッチング / パフォーマンスアノマリ / QoS / QoE / Social Welfare /  
(英) Wireless LAN / Multirate / Rate Switching / Performance Anomaly / QoS / QoE / Social Welfare /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-09-04 - 2019-09-05 
開催地(和) 大学セミナーハウス 
開催地(英) Inter-University Seminar House 
テーマ(和) 第3回コミュニケーションクオリティ (CQ) 学生ワークショップ 
テーマ(英) The 3rd Communication Quality Student Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-09-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律移動Access Point最適配置のためのQoE関数の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of QoE Function in WLAN to Optimize the Position of Autonomous Moving Access Point 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) マルチレート / Multirate  
キーワード(3)(和/英) レートスイッチング / Rate Switching  
キーワード(4)(和/英) パフォーマンスアノマリ / Performance Anomaly  
キーワード(5)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(6)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(7)(和/英) Social Welfare / Social Welfare  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 佑紀 / Yuki Hayashi / ハヤシ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢守 恭子 / Kyoko Yamori / ヤモリ キョウコ
第2著者 所属(和/英) 朝日大学 (略称: 朝日大)
Asahi University (略称: Asahi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-09-04 15:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 CQ 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会