電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-30 11:25
ブリルアン利得解析法を用いた2モードファイバ接続点における損失およびクロストーク測定に関する検討
小田友和中村篤志飯田大輔押田博之NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 数モードファイバ(FMF)を用いたモード多重伝送に関する検討が盛んに行われている.モード多重伝送では,モード依存損失(MDL)が伝送容量を制限する重要なパラメータであるため,FMF伝送路中の接続点で発生するモード毎の損失やクロストーク(XT)を測定する必要がある.
本稿では,ブリルアン利得解析法を用いたモード毎の損失およびXT測定法を提案し,2モードファイバを用いて提案法の原理確認を行ったので報告する. 
(英) Mode division multiplexing (MDM) using few-mode fibers (FMFs) has been intensively studied. In MDM transmission, mode dependent loss (MDL) is one of the most important parameters limiting the transmission capacity. Hence, measurement of the optical loss and crosstalk (XT) in each mode along FMFs is required. In this paper, we propose the measurement technique of loss and crosstalk in each mode based on Brillouin optical time domain analysis (BOTDA). We also demonstrate its feasibility using a two mode fiber.
キーワード (和) 誘導ブリルアン散乱 / 数モードファイバ / 接続損失 / クロストーク / / / /  
(英) Stimulated Brillouin scattering / Few mode fiber / Splice loss / Crosstalk / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 187, OFT2019-29, pp. 29-32, 2019年8月.
資料番号 OFT2019-29 
発行日 2019-08-22 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OFT OCS LSJ  
開催期間 2019-08-29 - 2019-08-30 
開催地(和) 道東経済センタービル 
開催地(英)  
テーマ(和) 通信用光ファイバ、光ファイバコード・ケーブル、機能性光ファイバ、空間分割多重(SDM)光ファイバ技術、光接続・コネクタ・配線技術、光インターコネクション、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、光ファイバ線路構成部品、光信号処理、光ファイバ型デバイス、光測定器、レーザ加工、ハイパワーレーザ光輸送、光給電、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2019-08-OFT-OCS-LSJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブリルアン利得解析法を用いた2モードファイバ接続点における損失およびクロストーク測定に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation on measurement of loss and crosstalk at splice point in two-mode fiber based on Brillouin optical time domain analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 誘導ブリルアン散乱 / Stimulated Brillouin scattering  
キーワード(2)(和/英) 数モードファイバ / Few mode fiber  
キーワード(3)(和/英) 接続損失 / Splice loss  
キーワード(4)(和/英) クロストーク / Crosstalk  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 友和 / Tomokazu Oda / オダ トモカズ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 篤志 / Atsushi Nakamura / ナカムラ アツシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 大輔 / Daisuke Iida / イイダ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 押田 博之 / Hiroyuki Oshida / オシダ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-30 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2019-29 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.187 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2019-08-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会