電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-30 11:00
ファイバブリユアン散乱におけるストークス光・通過光の位相特性の検討
野澤汐里笠 史郎明大
抄録 (和) 光ファイバ内で発生する非線形現象として、自然・誘導ブリユアン散乱が知られており、自然状態と誘導状態では散乱の状態が異なることがわかっている。さらに、ストークス光の振幅が変動する現象について理論、実験の双方で確認されているが、位相特性については、理論的には予測されていたものの、実験的に未だ観測されていなかった。本稿ではディジタルコヒーレント技術を用いた光位相解析技術によって、ストークス光と通過光の振幅、および位相特性について測定を行った。その結果、ストークス光には波束に対応した振幅の変動と位相飛びが観測され、通過光には振幅の変動や位相飛びは観測されなかった。しかし、通過光に対しては位相誤差分散が増加していることがわかり、これは位相に敏感な通信方式や測定方式に影響を与える可能性があることがわかった。 
(英) Spontaneous and stimulated Brillouin scattering is a nonlinear phenomenon in optical fibers, and it is known that the states differ between spontaneous and stimulated Brillouin scattering. Although the amplitude fluctuation of the Stokes light has been confirmed in both theory and experiments, the phase characteristics have been theoretically predicted but not experimentally observed yet. In this paper, we measured the amplitude and phase characteristics of Stokes light and transmitted light by optical phase analysis using digital coherent technology. The experiments have shown the amplitude fluctuation and phase jump corresponding to the wave packet of the Stokes light. On the other hand, no amplitude fluctuation and phase leaps were observed for the transmitted light. However, it was found that the phase error variance increased for the transmitted light. The phenomenon may affect optical communication systems and measurement systems with phase sensitive characteristics.
キーワード (和) ブリユアン散乱 / ストークス光 / コヒーレント光通信 / SBS / / / /  
(英) Brillouin scattering / Stokes light / Coherent optical communication / SBS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 187, OFT2019-28, pp. 23-28, 2019年8月.
資料番号 OFT2019-28 
発行日 2019-08-22 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OFT OCS LSJ  
開催期間 2019-08-29 - 2019-08-30 
開催地(和) 道東経済センタービル 
開催地(英)  
テーマ(和) 通信用光ファイバ、光ファイバコード・ケーブル、機能性光ファイバ、空間分割多重(SDM)光ファイバ技術、光接続・コネクタ・配線技術、光インターコネクション、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、光ファイバ線路構成部品、光信号処理、光ファイバ型デバイス、光測定器、レーザ加工、ハイパワーレーザ光輸送、光給電、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2019-08-OFT-OCS-LSJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ファイバブリユアン散乱におけるストークス光・通過光の位相特性の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Optical Phase Characteristics of Stokes and Transmitted Light in Fiber Brillouin Scattering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブリユアン散乱 / Brillouin scattering  
キーワード(2)(和/英) ストークス光 / Stokes light  
キーワード(3)(和/英) コヒーレント光通信 / Coherent optical communication  
キーワード(4)(和/英) SBS / SBS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野澤 汐里 / Shiori Nozawa / ノザワ シオリ
第1著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠 史郎 / Ryu Shiro / リュウ シロウ
第2著者 所属(和/英) 明治大学 (略称: 明大)
Meiji University (略称: Meiji Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-30 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2019-28 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.187 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OFT-2019-08-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会